「習慣化とそれが途絶えた辛さ」2011.9.3

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

長らく御無沙汰しております。
最後の記事が6月末ですので、約2ヶ月更新していないことになります。
二ヶ月の間に勧誘や合宿等が入り、更新の時間がなくなり・・・
といったことではありません。

twitterやフェイスブックでは、短文で更新しているので割りと簡単に更新が出来ます。
しかし、ブログとなると、長文を書くことで他のメディアと区別をしているので、
ある程度まとまった時間の思索、考察、思考が必要になると思います。
そういった意味でも、中々習慣が途絶えると更新が出来なくなっていく、ということです。

普段から短い140文字でのtwitterで考える癖をつける。
そして、フェイスブックなどの画像に慣れると、尚更長文記事を書く気が下がってしまいます。
このブログの記事も習慣化した状態で書き続けないと、
中々書く習慣を取り戻すのに容易ではありません。

まるで、走ることを止めてしまうと再び走り出すのが億劫なように。
トレーニングを中断してしまうと、またトレーニングを再開するのに大きな起爆剤が必要なように。

習慣化し、それを継続し続けたほうが楽なのは間違いありません。
ちょっとした環境変化でtwitterでも更新が途絶えると元に戻すのにパワーがいるよう、
ブログは尚更エネルギーがいりました。

今回は、モチベーションがあがる動機があり、「楽しみにしています。」
のひと言で書く気力が戻りましたが、中々そんな機会は巡ってきません。

トレーニングでも、書くことでもそうですが、せっかく始めたことならば
それが習慣化するまで継続し、途絶えることなく継続し続け、ずっと歯車を回し続けましょう。

余談ですが、運動する(走る)ことも現在途絶え途絶えなんとか続けているレベルなので、
しっかり定着し、体力を高められるよう習慣化します。