「『史記 武帝紀四』北方謙三 より所感」2011.6.10

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「いつ、自らの志を自覚されるのかと。
それは戦場でみつけるものではない、と思います。
軍人になりたいというのは、志ではなく、夢ですからね。
志は、多分、いまの壬安殿の日々から、生まれてくるのだと思います。」

「無為な、私の日々から?」

「無為と思われない時が、必ず来ると思いますね。
人は、生き甲斐を見出したとき、それを志にするのだ、と私は思います。」

→司馬遷と壬安の対話から

『史記 武帝紀四』北方謙三

~所感~
こんなフレーズ、場面に出会うことがあるので、読書は欠かせません。
何度も読み返してしまう場面です。
前後の文脈まで載せると長くなるので、一番読み返したところだけ。
凄く考えさせられる文章です。
特に北方謙三さんの本は私にとって、そういうものが多い。
『三国志』『楊令伝』『水滸伝』

今、陸上競技を学生に指導していて思うことは、アスリートとして(勿論学生として)過ごしている
四年間が何を生むか、何を得るかを考えて欲しいと思います。
今気づかなくてもいい。かなり後に、30代、40代になるかもしれない。
それでも未来に「あの時、こうだったな」「こんなことを頑張ったな」
と思える何かがあればそれはきっと人生に役に立ち、充実させる何かになっているはず。

箱根駅伝に出る。実業団で続けたい・・・
それは夢であり、目標です。
箱根駅伝でどんな走りをしたい。どんな態度で挑みたい。
箱根駅伝を通じてどうなりたい。実業団で何を成し遂げたい。
就職する。それはどんなことをこれからやっていこうかを考えること。
内定を取ることだけが目標ではない。
何故講義に出るのか、何故卒論を書くのか・・・

答えが出ないからといってその場から逃げたり、すぐに違う道を考えるのではなく、
答えを見つけ、納得のいく成果を上げてから次の道を考えるべきではないか。
これは先日の『心を整える。』長谷部誠 にも書かれていた事でもあります。
ここに来た以上、簡単に投げ出さず、最後まで踏ん張り続けて欲しい。
四年間一つのことに没頭したからこそ得るものは大きくなります。
踏ん張り続けたときこそ何かが見えてくる。
それは人生を支える大切な何かになります。

そんなことを語りかけるフレーズでした。