「小さな成功体験と挑戦」2011.11.29

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

小さな地元の大会に出場する。
ちょっとしたレースで勝利する。
勝利を争う。
確かに大きな目標を掲げている人からすれば、どうかな?
と思う内容であるかもしれない。
しかし、そういった体験が陸上の楽しさを感じ、継続してきた原体験かもしれない。
強くなってきて、それでも大きな大会で勝ち続けることが出来る選手は、
その楽しさがどのレベルでも継続できるかもしれないが、
全員がそういう訳にはいかず、強くはなってきているが、そういう経験が出来ない場合、
ちょっとレベルを下げたレースに出てみるのも良いのではないか。
勿論、自分よりレベルの高いレースに挑戦し、自分を高め、レベルを知るのも大切だが、
時には競技をやってきた喜びを味わうのも良いではないか。
そこで勝ち負けを味わう喜びを得るのも良いだろう。

私の経験では、陸上が楽しくなってきたときは、練習で今まで出来なかったことが出来たこと。
今でもそうですが、長らく出来なくなっていたことが出来てくるとやはり楽しい。
たとえ昔は軽々とやっていたことでも、暫くぶりにやってみると全く出来ないわけで、
それが徐々に出来るようになってくると楽しい。
また、自分に合ったレベルのレース等に出場したり、少し落としたレースを走るのも楽しい。
他方、ミニテストで良い点数を取り、テストでよい点数を取るよう努力し、
達成した嬉しさを味わいたくて勉強する。
勉強することによって、また楽しさを味わうことが出来る。
それが今でも、仕事に活かせたりするので楽しい。
囲碁でも、陸上でも皆そうだった。

選手達をはじめ、話を聞くとやはり同じようなことを言っている。
ならば、時々原点に返り、そういった成功体験、気持ちの高揚を体験していくのも良いのではないだろうか。