給水を掴め

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

あれ、上手に取るのってコツが要ります。
学生指導でも時速20キロのスピード下において、いきなり上手に給水を取れる選手って多くはありません。
ここでは取る、掴む事だけのお話。


大会で皆さんは給水をしっかり狙った通りに掴み取れていますか?
まさかボーリングのピンよろしく何本もなぎ倒していないですよね(笑)

先ほども書いた様にコツが有ります。
しかも個人によってコツは変わる。
そう、誰かに教えてもらってコツを聞き、自分で何度も試す。
ないしは一人で工夫し、練習する。

学生にも指導し、練習してもらっていました。
レースで試すと他の人に迷惑掛けるから、練習するに限ります。
普段からきちっと練習しておけば、レース本番の給水ストレスも解消♪

これだけで全国各地の大会から講習依頼されたい感じです(笑)