「『「売る力」ノート』津田晃 より」2011.11.17

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

基本の素振りひとつにしても、アマは10回振ると10回とも微妙に違ったスイングになってしまいます。
そのうちのどれが自分の本当のスイングか、わかりません。
ところが、プロはボールがあろうとなかろうと、10回振れば10回とも同じ自分のスイングができるのです。
だからこそ、緊張が強いられる場面でも勝負をすることができる。
それがプロとアマの違いで、これは仕事においても、継続性が求められるという点で共通しています。

~所感~
これはトラックとロード、駅伝の違いにも表れてきますね。
トラックだと誰かの後ろに付くことも多く、
練習でも誰かに合わせて走っていることが多い。
そうなると、必然的に一人で走ることが少なく、
また走り方も違った形になりがちです。
出来れば、トラック、ロード、駅伝。
それぞれの走り方を微調整しながらも、
基本的に、一番どのような動きが自分の最高の走りかを掴んでおきたいですね。
それぞれの場面で極端にパフォーマンスが違う場合は、
こういった基本の型が出来ていないことを疑い、
対策を練っていく必要があるかもしれませんね。