「公開する意味、意義と​効果」2012.2.16

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ブログやツイッター、FB、mixi・・・。
そういった公開、またはそれに準ずる場でつぶやく、文章を書く。
ミーティング等でどんどん話しをし、考えを伝えて行く。
公開し、シェアしていく事は必ず責任を伴う。
まして現場に立って指導しているなら選手達は私が何を言って、
何を書いているのかを見たり、聞いたりして知っているのだから。
責任と言うと重いが、メリットも大きい。
先ず、考えを共有出来るのだから、前提が構築出来、そこから新しいものが構築出来る。
共有出来ていない、理解出来ていないならば前提を作る事に時間が掛かる。
良くインタビュアが取材相手と会うのに、その相手の著作や実績、
ブログ等をチェックした上で会いに行くのもそういった理由からと聞く。

また考え方の変遷、成長を如実に見る事が出来る。
そして、言っている事、書いてある事が違えば指摘、質問も出来る。

何より、言う事、書く事に因り、考え方、価値観を共にする仲間に出会える、
なれる事が一番大きいのではないだろうか。