「twitterのまとめ ~指導に関する関係 2012.8~」

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アスリートの時間はあっという間に過ぎ去る。
永遠に続く、成長できると思っている時間はいつの間にか過ぎ行く。
今、この瞬間を大切にし、挑戦し続けることが大切。過去の自分に伝えたい事を、指導者として後進に伝えたい。
2012.8.17

10年前の私に伝えたい事、教えたい事は山ほどある。
こうすれば、ああすれば、という対策や改善点、工夫等。それは成長しているという事。
ただもう過去には戻れないのだから、少しでも未来ある学生に還元したい。
2012.8.9

夢を与える、夢を繋ぐ。駅伝、陸上、スポーツ、教育に携わる目的は以上になります。
万人に夢を見せる五輪はまだまだでも、日本中に魅入られる箱根駅伝なら。
少なくとも家族を、近所の方、母校、恩師、何より自分自身を。夢を見せ、感じ、幸せを広める。
そんな選手、チーム、指導者でありたい。
2012.8.4

経営者もよく言われる所の「成功も失敗も経験に勝るものなし」とし、経営経験のある人に任せると上手くいくと言う。
だから経営者に育成したい時は早いうちに大なり小なりから経験させる。指導者も同じだろう。経験、悩み、苦労等を経験蓄積すると良い。
2012.8.4