「何故走トレーニング重視か~非科学的見地より(笑)~」2011.11.12

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

とある方のFBウォールを見て、ネタを頂きました。


私自身の体験や、監督、指導者として見ていることを参考に考えてみます。
凄く雑な考察なので、ネタとして楽しんで頂ければ幸いです。
そんな考えだから強くなれなかったんだ、等のお叱りはご勘弁下さい(笑)


さて本題。
学生は走り込み重視なのは間違いないでしょう。
月間1000㌔走る猛者も多数いますし、私もそうでした。
何故そうなるか。
結論から言うと「楽だし、気分が良いから」。
そんなに走るのに「楽」?
種明かしはこうです。

ランニングは、導入へのハードルが非常に低い。
場所を限られず、短い部活時間に行うトレーニングとしては時間効率も良い。
ラダー、ドリルのような走技術トレーニングも同様と考えます。
これを月間600㌔に押さえ、代わりにアクアトレーニングやバイクトレ、ウエイトやコアトレ・・・
様々なトレーニング法を組み合わせ身体を作る方がいいし、脚への負担も減るでしょう。
理屈ではそうですし、私も指導でそれを求めます。
しかし、それらのトレーニングはランニングと比べ導入効率が悪いのです。
プールまで行く、必ずしもレーンが空いてるわけではなくトレーニングに励めるとは行かない。
部活時間内だと時間が足りない。選手は「自分の時間」を削ってトレーニングを行うことを厭う。
自分で研究し、指導を受ける機会が減る。などなど。
自立したアスリートで、自ら考えてトレーニングをし、労力を厭わないならば何の苦もない事ですが、
多数の選手はこの心理的ハードルを嫌がり、「楽な」走トレーニングに向かうと考えます。
他のトレーニング法も、大なり小なり同じ理屈が存在すると思います。
それに野外走などは景色も変わり、変化を楽しむことが出来る。
アクアトレなどは黙々と自らと対話することになる。
そういうのに慣れていない選手も結構います。

対策としては自立したアスリートを育成する。
労力を厭わない事を奨励する。
インフラを整える。
この対策に至ったチームは、例えばプールやトレーニング場を近くに設営ないしは使用可能時間を柔軟にする。
指導スタッフを増やす。
セミナー等を開催し、研究促進し、選手に啓蒙する。
何れの対策も費用と時間が掛かります。
故にそれまでは走トレーニング重視の偏重は続いてしまうもの、と考えます。

ちなみに指導者側、特に駅伝を考えるとある程度の力を持った選手を揃える為に、
アスリート個人に任せたトレーニングより、走トレーニングの方が把握しやすいし、
意識の高低によるばらつきを抑えることにもなります。
ですので、意識が高い選手はある程度任せ、まだそこに至らない選手は啓蒙していく必要もあります。
指導者側としてはその辺りが上手くバランスが取れ、何より意識が高い選手が増え、調和を保ちつつ、
個人に合わせた指導が出来るのが理想ですが。

ということで、止むを得ない部分も含め、走トレーニングを重視し、鍛えていくことになると思われます。