ストーリー


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

宇宙海兵隊を操作して宇宙船や植民キャンプを探索し事件を解決するモード。
いくつかのシーンで構成された本編。

オープニング
6週間前、USSスラコ号所属のGorman中尉の指揮のもと宇宙海兵隊第2、第9チームは、アケロンの名で知られる惑星LV-426へと向かった。
彼らには連絡が途絶えた人口158人を擁する植民地「ハドレイズ・ホープ」への偵察任務が与えられていた。
アケロンの地上で何が起きたのかは、載り合わせたウェイランド社役員による最後の通信が簡素かつ不可解なものだったため判明しなかった。

“ブラボーチーム11名戦死
アケロン コード6 スラコ号の進路をゲートウェイ・ステーションへ設定。
ETA(到着予定時間):490時間後 到着後は緊急隔離処置を要請する。341-Bより、以上。“

しかしスラコ号はゲートウェイ・ステーションに到着出来なかった。
すぐに捜索が開始され、うさぎ座ガンマ星の近くを漂流しているのを発見された。
救急救命チームが生体反応をスキャンしたところ人間一名の反応が確認された。
しかし無線でいくら呼びかけても返事が返ってくることはなかった。

それが君達Fox-Sixチームが今ここにいる理由だ。海兵隊よ幸運を祈る。

各ステージ攻略





TIPS

  • 隊員が高所から落ちて受けるダメージはスタミナのみでHPに影響はない。
  • 隊員が倒されても、顔写真がノイズになっている間は通気口内のエイリアンの巣に囚われており、助けに行けば復活する。その際居場所がマップ上の黄色い光点で表示されている。


※オープニングの長文は各種翻訳サービスに頼った超意訳ですので大いに間違っているかもしれません