白蹄王(骸)

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

白蹄王(骸)(はくていおう、むくろ(仮))

・通称:骨白馬
・ボス:協力Ultimate虚空の最奥(黒蹄王(骸)とペアで登場)
・ターゲット箇所(F+Vによるターゲット順に記載)
 胴体、頭部(破壊後はターゲット不可能)
・破壊可能部位:頭部
・部位破壊報酬:猛将の鍬形
・属性:?
・弱点:?
・状態異常無効:-

攻撃パターン

  • 槍攻撃(斜め・弱)
    右手の槍を前方へ振るう。攻撃範囲は左側面から正面まで。
    向かって右側面や後ろ・正面でも空中なら当たらない。
  • 槍攻撃(なぎ払い・強)
    左へ大きく振りかぶった後、正面広範囲を槍でなぎ払う。攻撃判定はオーラと槍で別判定。
    空中でもヒットする上、威力は高い。
    攻撃範囲は左側面から右側面まで。位置にもよるが背面以外はジャンプしても食らうことがある。
  • 槍攻撃(突き・縦)
    槍を正面に突く。左右の範囲は狭いが威力は高い。
    側面でも間合いが近いと空中でもヒットする。黒蹄王と同様の攻撃。
  • 槍コンボ(突進突き→なぎ払い)
    後方に大きく振りかぶった後、正面に突進しながら槍を正面に突き、広範囲を槍でなぎ払う。
  • ストンピング(前)
    前足を大きく振り上げ地面に叩きつけ、1段ジャンプでは回避不可能な衝撃波を発生させる。脱力の追加効果あり。
    範囲が広く注意をすべき攻撃の1つ。
  • 斜めステップ(3回)
    向かって右斜め前方→左斜め前方→右斜め前方と移動しながら3連続で衝撃波を発生させる。
    本体に攻撃判定は無く、空中にいれば当たらない。
    ただし、背中に乗っていると、ステップ中に振り落とされる。
  • 斜めステップ(2回)
    向かって右斜め前方→左斜め前方に降下しながら槍を正面に突く。衝撃波は1回のみ。
  • 斜めステップ(4回)→着地衝撃波
    向かって右斜め前方→左斜め前方→右斜め前方→左斜め前方と空中に移動したあと、上方にジャンプして衝撃波を発生させる。
    衝撃波は最後の1回のみ。
  • 槍無双→方向転換→なぎ払い
    両手で槍を回転させつつ、前方→移動しながら前方と左右へ振り回しを行う。
    何度も攻撃しているように見えるが、実は判定の長い4回攻撃。
    判定は正面、左右、背後で各1回ずつで、正面でガードや回避をしてしまえば以後正面で喰らうことは無い(左右や背後では喰らう場合がある)。
    また、一定回数後に反転して反対方向をなぎ払う。
    予備動作が他の攻撃に比べて分かりやすいので、間合いを取るのが賢明。
  • 落雷攻撃
    槍を上空に振り上げると同時に落雷(背中に乗っていると喰らう)、直後に斜め4方向に地を這うような雷撃を撃つ。
    斜め方向に直進するので、真横や真後ろ、真正面あたりで立っていれば躱すことができる。
    位置によっては全てヒットして大ダメージを貰う事もあるので注意。
  • 雷槍攻撃
    槍を後方で回して構え上空に放り投げる、ステージの定位置に雷槍が振ってくる。
    雷槍は接触するだけでダメージを受けるうえ、時間経過で爆発する。
    槍回しと爆発はダメージが大きいので要注意。
  • 怨霊召喚
    青白い色の怨霊弾を放つ。弾速は個々の弾ごとに異なる、食らうと凍結や沈黙状態になることも。
    発射後の5秒間はジャンプでも回避不能。ガードや前転無敵等で消せる。
  • MP回復
    槍を回して構えMPを回復。攻撃判定はなくあまり見る機会はない。

攻略

抜け殻となった白蹄王が異形の魂に操られ復活した姿。
オーラによるダメージ減少がない代わりに属性耐性が変更されており、攻撃パターンも大幅強化されている。
筐体ギルドミッションでは、こちらの白蹄王でも(「白蹄王」を討伐せよ)にはカウントされる。
黒蹄王(骸)の同時出現なので、それぞれの捌き方を理解したうえ、片方を早く倒さないとただグダるだけになりやすい。