GNT-028

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

GNT-028

・通称:プロトロボ、ボロボ
・ボス:協力「轍の鼓動」
・ターゲット箇所(F+Vによるターゲット順に記載)
 本体、左足、右足、バックパック、大砲、頭
・破壊可能部位:足(左右)、バックパック、大砲
・部位破壊報酬:「核心の欠片」、「核心の断片」※
・属性:??
・弱点:?
・状態異常無効:?
※「轍の鼓動」で出現するGNT-028限定で、部位破壊報酬として超低確率で出現。
※「傀儡の焦土」に登場するボス「GNT-063」の亜種で旧型の試作機。
  プロトタイプと言う事なのか、姿や攻撃パターンが同じながら攻撃力、HPが低い。

攻撃パターン

  • グレネード
    片膝を付いて腕から砲撃する。
    向かって正面、左前、右前の3方向に1発ずつ発射される。
    正面にいなければ喰らうことは無く、打ち終わるまでは攻撃のチャンスだ。
  • 連続ドリルパンチ
    ドリルを回転させながら左右2発のパンチを出す。
    喰らうと意外と痛い。
    大砲を部位破壊した直後に高確率で出してくる。
    また、移動中に背中のブースターを攻撃できる。
  • ストンピング
    片足を大きく上げて踏みつける。衝撃波(空中)を伴う。
    判定は広くは無いが、1段ジャンプでは回避できず、縦方向にも意外と大きいので空中にいても喰らいやすい。
    ダメージが大きく、赤ゲージも殆ど残らないので注意。
    高確率で脱力になる。
    尚、足を破壊した後ならばダメージと攻撃範囲が減少し、衝撃波が地上のみとなる。
  • プロペラ突撃
    体を水平にして突撃してくる。左右へかわせば当たらないものの速度は速い。
    前方にしか判定が無いが、着地まで判定が続き多段ヒットなので注意。
    移動中に背中のブースターを攻撃できる。
  • 前方ホバー移動
    空中に浮遊して、垂直状態のまま前方に移動、喰らってもダメージはないが、押し出されてしまうことがある。
    急旋回しつつ着地を直撃すると大ダメージを貰う。その際に衝撃波(空中)が出るので注意。
    空中移動中に背中のブースターを攻撃できる。
    背後から一方的に攻撃することもできるが、前述の通り衝撃波に注意。
  • 地団駄
    その場で地団駄をしながら左方向に1回転する。
    全身に攻撃判定があり持続も長いが、1回ガードするか回避すれば以後は判定が無くなる。
    また、クロスゲージ「攻撃」のダウン復帰直後に確定で出してくる。
  • ダッシュ突進→ドリルパンチ
    蒸気機関車のような音を出しつつ、その場で小さく跳ねる予備動作の後に使ってくる。
    ロックオンしたプレイヤー目がけてダッシュ、至近距離まで近づくとパンチを出してくる。
    突進の威力は低いがパンチの威力が高く、当たると吹き飛ばされて高確率でスタンする。
    一定時間ダッシュした場合はパンチを出さずにその場で体勢を崩し、短時間無防備になる。
    地団駄や短時間ダウンの直後に確定で出してくる。
    ロックオンされたプレイヤーが逃げ回ることで、他プレイヤーが背後から一方的に攻撃することもできる。
    ただし、移動速度が意外と早いので攻撃によっては追いつけない事も。
    ソロの場合、攻撃失敗を誘発するとタイムロスが大きいので、デイフェンス入りならガードで凌いだ方がいいかもしれない。
  • ブースター爆発→転倒
    その場で小さく跳ねる予備動作の後に使ってくる。
    前傾姿勢で構えた後ブースターから爆発を起こし後方を攻撃する、反動で前方に転倒し衝撃波が発生する。
    転倒から起き上がりまでは無防備。
    本体に判定は無いが、爆発や転倒の衝撃波に巻き込まれるとダメージ。
    転倒中に背中のブースターを攻撃できる。
  • 大砲乱射
    仁王立ちして股間に備え付けられた大砲から砲弾を乱射。
    正面にいなければ喰らうことは無く、背後からなら打ち終わるまで殴り放題。
    ただ、正面にいると回避は困難で、場合によっては連続ヒットして大ダメージを貰う事も。
    又、このときに、プロテクトフォーカスを砲台付近には絶対に展開しないこと。
    猛烈な爆風でほぼ視界が無くなってしまううえに、自身や味方を爆風に巻き込んでしまうので自滅行為になりかねない。
    ホバリングでステージ端に移動した後、振り返って行ってくる事が多い。
    攻撃中に正面の大砲を攻撃できる。
  • その場宙返り
    真上へジャンプし、一回転したあと着地する。
    着地時に1段ジャンプでは回避できない衝撃波(空中)が発生し、押しつぶされると特大ダメージ。
    空中浮遊時に背中のブースターを攻撃できるが、遠距離武器以外は当てることすら難しい。
    近接武器で狙うなら他のモーションの時にしたほうが無難だろう。
    また、バックパック部位破壊直後に高確率で出してくる。
  • 乱射見せかけ宙返り
    大砲を破壊されている状態でのみ使用してくる。
    乱射攻撃を出そうとして隙だらけ…と見せかけて、前方に大きく宙返り。
    巻き込まれるとダメージ。ロックを外される事は無い。
    このときに特定の攻撃を当てると短時間転倒するが、2段階転倒しなかった場合威嚇モーションの後に、ダッシュ突進に派生する。
  • ブースター爆発見せかけバク転
    こちらはバックパックを破壊されてる時に使う。
    背中を探るモーションの後、後方に大きくバック宙をする。
    //このときに特定の攻撃を当てると短時間転倒するが、2段階転倒しなかった場合威嚇モーションの後に、ダッシュ突進に派生する。
  • 方向転換
    ただの方向転換、GNT-063と違い方向転換中の本体には攻撃判定はない。
  • MP回復
    両腕を真上に掲げてドリルを回転させ、MPを回復。
    攻撃判定はなく、あまり見る機会はない。

攻略

難易度相応に少し弱くなった他はGNT-063とほぼ同一。
GNT-063と違い、ホバー移動中および方向転換の攻撃判定が無い。
慣れないうちはそのトリッキーな動きに翻弄されてしまうが、常に側面より後ろに回り込むことにより攻撃の隙を楽に付ける。
必要LVに対し耐久は高く設定されているが、足破壊後に本体と両足へ三点同時にマルチヒット攻撃を当てていければ問題はないだろう。
GNT-063に比べると、(必要LVの格差もあるものの)HP・攻撃力共に低い為、高火力装備で臨むと一瞬で溶けてしまう。
その為、注意しないと部位破壊をする前に倒してしまう危険性があるので、ボス素材を回収したい時は注意。
全国協力だと部位破壊をせずに倒してしまう事も多いので、慣れれば素材回収はソロの方が安定する。