妖峰樹バルバト

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

妖峰樹バルバト

・通称:紫玉葱、亜玉葱
・ボス:協力EX「妖霞せし樹林
・ターゲット箇所(F+Vによるターゲット順に記載)
 胴体、左目、右目
・破壊可能部位:左目、右目
右目を部位破壊すると、妖眼による沈黙効果を無効化できる。ただし、右目は特定の行動で復活する。
・部位破壊報酬:「巨樹の妖眼」
・属性:火10、水10、風90、地90、光40、闇75?
・弱点:火、水
・状態異常無効:なし?

攻撃パターン

  • 妖眼の光
    部位破壊前の右目にの近くにいると一時的な沈黙状態になり、フォーススキルなどが使えない。妖眼光の範囲外に出れば即座に効果は消える。
    なお、ダカーDUを使用しても魔法陣の中でないと沈黙効果を回避できない。
    レジストUNもしくはレジストオールのミネリアで予防可能なので、これに頼るのもアリ。
  • 松の実放出
    特定の行動中に頭部から辺りに松の実を放出。放出中の松の実に当たるとダメージ。
    落ちている松の実は踏んでもダメージは無く、拾い上げることも出来る。
    拾った松の実を妖峰樹バルバト本体に投げても通常は微々たるダメージしか与えられない。
    が、吸い込み中や枝攻撃後の転倒中に、松の実を口の中に投げ入れることで妖峰樹バルバトを一定時間転ばせることが出来る。
    地面に落ちている松の実は妖峰樹バルバトの攻撃で爆発することがある。
  • 地団駄
    その場で雄叫びをあげながら両足をパタパタさせる。
    食らうと小ダメージ+しばらくの間ふらついてしまう、ガードかジャンプで回避できる。
  • 突進
    両手を前方でブンブン振り回しながら、ターゲットにしたプレイヤーに向かって突進をしてくる。
    2回攻撃に減っているがその分威力が高い。
  • 枝攻撃
    右腕を引いて構えた後、地面に腕を片腕ずつ差し込み、辺りに地面から木の枝を2回出す。
    攻撃後転ぶため一定時間無防備になる。
    2段ジャンプもしくは後退しながらのシフトガードで対処しよう。
  • 枝攻撃その2
    飛び上がり地面に両手を叩き付け、斜め前方に地を這う衝撃波を出す。
    少し離れて正面にいると当たらない。
    又、攻撃後転ぶため一定時間無防備になる。
  • 回転ラリアット
    体を傾けて(右片脚立ち状態)から両手を広げてその場で一回転する。
    ジャンプしていれば喰らわないのだが、ダメージが大きく、装備によってはHP満タンから即死もあるので要注意。
  • 回転アタック→小ジャンプ衝撃波
    体を横に傾けて回転しながら体当たりする、フィールドの端にぶつかると方向転換しつつ小ジャンプして向き直る。
  • 方向転換
    体を傾けて(片脚立ち状態)からターゲットにしたプレイヤーの方向に向き直す。
    向き直した際に上げた脚を地面に叩きつけて衝撃波を発生させる。
    バルバトと同様の攻撃。
  • 吸い込み~咆哮
    大きく息を吸い込んで全方位の雄叫びを上げる。背後にいても喰らってしまう。
    喰らうと複数回ヒットする上にかなりのダメージを受ける。
    吸い込みの力はそこそこ強いが、横移動していれば抜けられることも多い。
    バルバトと同様の攻撃。
  • 三段プレス
    上空にジャンプしプレイヤーの上から落ちてくる。これを3回行う。
    この際、地上に松の実が少ない場合は頭から松の実を放出している。
    ヴァジュラの4連続ジャンプ突きに近い。
    1回目は飛び上がった直後と衝撃波に判定があり、2回目は地面に衝撃波を出すだけで本体には攻撃判定が無い、
    3回目だけエフェクトが変わり全身に即死級の攻撃判定が発生する為、距離を取るかガード必須。
    松の実を放出している時は松の実を喰らう可能性あり。
  • 毒玉乱射
    その場で高く飛び上がり、地中に半分だけ潜る。
    地中に体半分埋めた状態で頭部から緑の玉を乱射する。
    この玉は喰らうと意外と痛い上に、密着していても喰らうので注意。
    この行動中は地面の高さに目が来るので、地上の攻撃でも部位破壊を狙いやすい。
    潰されるとかなり痛い。
  • 地中潜り→浮上攻撃
    その場で両手をパタパタさせて数回鳴いた後、上空にジャンプしそのまま地中に潜る。
    地中に潜った状態でこちらにゆっくり移動しながら体当たり、少しの間をおいで飛び上がる攻撃を行う。
  • 妖眼拾い→再装着
    近づいたのち地面を手でなぎ払い、妖眼を顔に再度はめ込む動作を行う。この動作後右目の部位が復活する。

攻略

一撃が地味に痛いのと、沈黙がやや面倒くさい事以外は特に厄介なボスでは無い。
部位が正面に密集しているので、マルチヒットの攻撃との相性も良い。
ただ、その形状故に攻撃の予備モーションが微妙に分かりづらいため、予期しない事故が発生する可能性も高い。
又、多くの攻撃で衝撃波を発生させるため、地上で攻撃をしていると攻撃機会を失いやすい。
なるべくジャンプして攻撃する様にしたい。
松の実は木を壊したり口に投げることでダウン取れたりとプレイヤーの武器にもなる反面、バルバトの衝撃波などで爆発するためプレイヤーの敵にもなる。
余計なダメージを減らす為には極力排除した方が得策なのだが、そうなると潜り行動取られた時に面倒になる。

ちなみに、部位破壊後の妖眼は近づいても沈黙効果は無く、拾い上げることも出来る。
拾った妖眼をバルバト本体に投げたとき、通常時は即座に拾われてしまうため、短時間隙を作るだけになってしまう。
吸い込み中や枝攻撃後の転倒中に、妖眼を口の中に投げ入れることでバルバトを一定時間転ばせることが出来る。
もちろん松の実を口の中に投げてもダウンする。