GNT-114

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

GNT-114 SERIES

・通称:新ロボ、ロボ改
・ボス:協力「毀棄鉄蒼」、協力EX「復讐の蒼き銑鉄」(3体同時に登場)
・ターゲット箇所(F+Vによるターゲット順に記載)
 本体
・破壊可能部位:なし
・部位破壊報酬:鼓動する核心
・属性:?
・弱点:?
・状態異常無効:なし?

GNT-063の量産型であり改良型モデル。特に耐久力が高くなっている。
3タイプのバリエーションがあり、どの形態で登場するかは毎回ランダムである。
タイプごとに攻撃パターンも大きく変わるのが特徴。

TYPE-SAW

  • ターゲット箇所(F+Vによるターゲット順に記載)
     本体、バックパック、頭
  • 破壊可能部位:バックパック(2段階)
     バックパックを2段階破壊すると黒煙噴射攻撃を封印出来る
     
  • 回転ノコギリを両腕に装備した形態。
     近接戦闘を得意とする。

攻撃パターン

  • 切りつけ→大回転
    片手で正面を切りつけた後、両手を広げて大きく回転攻撃を行う。
    範囲が見た目以上に広い上にダメージも大きいので注意。1段ジャンプでは二撃目の回転がかわせないので前転または2段ジャンプ、またはガードでしのごう。
    2発目は後ろにいても喰らうので、背後にいるからと安心してはダメ。
  • 突進(チェーンソー)
    両手を地面に突き刺して突進してくる。
    ロックオンしたプレイヤーに向かってくる上にプレイヤーの動きに合わせてきっちり追尾してくる。
    ただ、ステージの端まで行ってしまえば曲がらなくなるので、ステージの端まで引き込んでから回避すると良い。
    前転や二段ジャンプで回避することが出来るが、かわした勢いで他の味方を巻き込まないように注意。
    又、本体には攻撃判定が無いので、ノコギリとノコギリの間にいれば食らわないで一方的に攻撃することも可能。
    ただ、ちょっとでも横にズレたりしてノコギリに触ってしまうと巻き込まれて大ダメージを負うので無理は禁物。
    背後からも一方的に攻撃することができるが、移動速度が意外と早いので攻撃によっては追いつけない事も。
    CGダウンからの復帰後は高確率でこの攻撃が来る。
  • 二連続ストンピング
    右足、左足の順番で大きく踏みつける。衝撃波(空中)を伴う。
    判定は広くは無いが、縦方向に意外と大きいので空中にいても喰らいやすい。
    ダメージが大きく、赤ゲージも残らないので注意。
    高確率で脱力になる。
    足部位破壊不能のため地味に厄介。
    GNT-028やGNT-063と同様の攻撃。
  • 前方ホバー移動
    空中に浮遊して、垂直状態のまま前方に移動、前方にいると巻き込まれる。
    喰らってもダメージは大きくないが連続ヒットする。
    着地の際に衝撃波(空中)が出るので注意。
    GNT-063と同様の攻撃。
  • 突進→切りつけ
    蒸気機関車のような音を出しつつ、その場で小さく跳ねる予備動作の後に使ってくる。
    ロックオンしたプレイヤーに向かってダッシュし、至近距離まで近づくと切りつけを出してくる。
    突進の威力は低いが切りつけの威力が高く、当たると吹き飛ばされて高確率でスタンする。
    一定時間ダッシュした場合は切りつけを出さずにその場で体勢を崩し、短時間無防備になる。
    ロックオンされたプレイヤーが逃げ回ることで、他プレイヤーが背後から一方的に攻撃することもできる。
    ただし、移動速度が意外と早いので攻撃によっては追いつけない事も。
    GNT-028やGNT-063と同様の攻撃。
  • 黒煙噴射攻撃
    GNT-063の転倒予備動作からバックパックから勢いよく黒煙を噴射する。
    範囲は背面周囲のみだが、威力が高く沈黙の追加効果あり。
    動作後の隙も少ない為、部位破壊を狙う際は注意を払いたい。
  • 方向転換
    ただの方向転換だが、方向転換中の本体には攻撃判定があり、小ダメージを受ける。

TYPE-FLAIL

  • ターゲット箇所(F+Vによるターゲット順に記載)
     本体、左足、右足、頭
  • 破壊可能部位:足(左右)
     両足を破壊すると全方向ホバー移動を封印出来る
  • フレイル式鉄球を両腕に装備した形態。
     ホバー移動を多用する高機動戦闘が特徴。

攻撃パターン

  • 大回転
    両手を広げて、大きく回転攻撃を行う。
    範囲が見た目以上に広い上に多段ヒットするので注意。
    空中にいると当たらない。
  • スマッシュブレイク
    振りかぶって前方にフレイルを勢い良く叩きつけ衝撃波を発生させる。
    片手ずつ連続2回出してくる。
    本体に密着していると背後から衝撃波が来るのだが、ガード方向は正面でOK。
  • サイドアタック
    ステージ中央にフレイルを勢い良く叩きつける。
    その後、たたきつけた鉄球を支点としてステージ外周を一定距離高速移動する。
    移動中の本体に当たると巻き込まれ大ダメージ。
    戻る鉄球にも攻撃判定があるので一応注意をしておこう。
    この攻撃後は必ずバンザイのモーションを取り短時間隙ができる。
  • 全方向ホバー移動
    低空に浮遊して、垂直状態のまま全方向にホバー移動する。
    ダメージが無い代わりに移動頻度移動速度ともに高く、間合いを取ろうとしてくる。
  • 前方ホバー移動
    空中に浮遊して、垂直状態のまま前方に移動、前方にいると巻き込まれる。
    喰らってもダメージは大きくないが連続ヒットする。
    着地の際に衝撃波(空中)が出るので注意。
    使用頻度は稀で、GNT-063と同様の攻撃。
  • 水平突撃
    体を水平にして突撃してくる。左右へかわせば当たらないものの速度は速い。
    使用頻度は稀で、GNT-063と同様の攻撃。
  • その場宙返り
    真上へジャンプし、一回転したあと着地する。
    着地時に衝撃波(空中)が発生し、押しつぶされると特大ダメージ。
    GNT-063と同様の攻撃。
  • バックステップ
    攻撃をステップで回避することがある。
  • 方向転換
    両足破壊後の方向転換中の本体には攻撃判定があり、小ダメージを受ける。
  • MP回復
    両腕を真上に掲げてハンマーを回転させ、MPを回復。
    攻撃判定はなく、あまり見る機会はない。

TYPE-GUN

  • ターゲット箇所(F+Vによるターゲット順に記載)
     本体、左肩砲台、右肩砲台、頭
  • 破壊可能部位:左肩砲台、右肩砲台
     肩砲台を破壊すると肩砲台からの攻撃を封印出来る
  • ビーム兼グレネード砲を両腕に装備した形態。
     射撃を多用する範囲攻撃が特徴。

攻撃パターン

  • ビーム(空中)
    垂直に飛び上がって、両腕から斜め下方に向かって円形にビームを放つ。喰らうと凍結。
    ロボの位置を頂点とした円錐の中に入ればビームは喰らわないが、着地の衝撃波には注意。
    下手に二段ジャンプとかすると喰らってしまうので、地上で接近するかガードしているのが無難。
  • ビーム(地上)
    両手を正面に向けて水平方向にビームを放つ。そのまま腕を広げていき前方180度を攻撃する。喰らうと凍結。
    正面方向にいても密着していると喰らわないが、中距離にいると安全地帯は存在しないのでガードor前転回避。
    逆に、背後は無防備なので殴りたい放題。
  • 爆発ボディブロー
    右腕を腰の位置に構えてボディブロー。
    ボディブローと同時に爆発を発生させ、爆炎にも攻撃判定あり。喰らうと燃焼。
    意外と判定が広いので注意。
  • ミサイル発射(正面)
    肩に付けられた砲台を正面に向けた後正面にミサイルを発射する。
    本体の一部の攻撃動作と複合するため厄介。
  • ミサイル発射(真上)
    両手を上に掲げて、両腕から上空にミサイルを4回発射する。
    ミサイルはロックオンしたプレイヤーに次々と降り注いて行く。
    1発1発は大した痛くないのだが、連続ヒットする可能性があるので注意。
    又、着弾時の爆炎にも判定があるので、他プレイヤーの巻き込みにも注意。
  • 大砲乱射
    股間に付けられた大砲から砲弾を乱射。
    開幕いきなり撃ってくることが多い。
    通常のロボと違い、フィールドの位置に関係なく撃ってくる。
  • ブースター爆発
    構えた後、ブースターから爆発を起こし後方を攻撃する。
    反動でよろけるが、転倒はしない。
  • 突進
    フィールドの反対端に向かってダッシュする、端に到達するとその場で体勢を崩し、短時間無防備になる。
    TYPE-SAWと異なりロックオンしたプレイヤーに向かわず、移動手段として使ってくるようだ。
    背後から一方的に攻撃することができるが、移動速度が意外と早いので攻撃によっては追いつけない事も。
    爆発ボディブローのあとに高確率で使ってくる。
  • 方向転換
    ただの方向転換だが、方向転換中の本体には攻撃判定があり、小ダメージを受ける。

攻略