朱雀

最終更新日時 : 2015年10月04日 (日) 09時25分14秒
suzaku-top1.png

公式キャラページ

プロフィール

身長 175cm
体重 57kg
B/W/H 88/ 59/ 89
血液型 不明
格闘スタイル 我流
好きなもの 製図 ビスコ
嫌いなもの 雨 水餃子
趣味 CAD
特記事項 火の神
CV 海璃あるま

概要

  • 記述なし

長所

  • 記述なし

短所

  • 記述なし

カラー

A&B

コマンド表

必殺技
壱の型 236+AorC
弐の型 214+AorC
参の型 214+BorD
超必殺技
至の型 236236+BorD
MAX超必殺技
プロメテウス 6321463214+C
EX超必殺技
赤の絶壁 214214+C

ライフ・ゲージ増加量

ライフ 100
ゲージ増加量 攻撃 弱攻撃ヒット   2  
強攻撃ヒット 2
防御 弱ガード 1
強ガード 2
くらい        弱くらい 2
強くらい 3
浮かせ 3
叩き付け         3

技性能


通常技

イメージ ダメージ 発生 硬直差 始動 持続 硬直 キャンセル ガード
立A 5 8 -8 -5 7 8 16 立屈
特記事項
イメージ ダメージ 発生 硬直差 始動 持続 硬直 キャンセル ガード
立B 4 11 -20 -17 10 10 26 必特
特記事項
イメージ ダメージ 発生 硬直差 始動 持続 硬直 キャンセル ガード
立C 6 7 -11 -8 6 10 30 必特 立屈
特記事項
イメージ ダメージ 発生 硬直差 始動 持続 硬直 キャンセル ガード
立D 8 18 -15 -12 17 9 35 立屈
特記事項

イメージ ダメージ 発生 硬直差 始動 持続 硬直 キャンセル ガード
屈A 3 8 -2 +1 7 8 10 屈A必特 立屈
特記事項
イメージ ダメージ 発生 硬直差 始動 持続 硬直 キャンセル ガード
屈B 1 7 -10 -7 6 8 18 屈A特
特記事項
イメージ ダメージ 発生 硬直差 始動 持続 硬直 キャンセル ガード
屈C 5(8) 9 -24 ダウン 8 8+9 36 立屈
地上ヒット時のみ、相手を真上に浮かせる
空中ヒットではダウンしない、持続後半は8ダメージ
イメージ ダメージ 発生 硬直差 始動 持続 硬直 キャンセル ガード
屈D 5 15 -17 ダウン 14 10 36 必特
特記事項

イメージ ダメージ 発生 硬直差 始動 持続 硬直 キャンセル ガード
JA 4 7 高さによる 6 15 着地まで
特記事項
イメージ ダメージ 発生 硬直差 始動 持続 硬直 キャンセル ガード
JB 3 9 高さによる 8 11 着地まで
特記事項
イメージ ダメージ 発生 硬直差 始動 持続 硬直 キャンセル ガード
JC 5 18 高さによる 17 10 着地まで
特記事項
イメージ ダメージ 発生 硬直差 始動 持続 硬直 キャンセル ガード
JD 5 13 高さによる 12 15 着地まで
特記事項

特殊動作

イメージ ダメージ 発生 硬直差 始動 持続 硬直 キャンセル ガード ゲージ
赤帝
(地上でF)
通常版 6 24 -35 -32 22 - 80 不可 立屈 0/2
特キ版 1 22 +29 +32 20 - 16 不可 立屈 0/2
GC版 1 22 +21 +24 20 - 24 不可 立屈 0/2
攻撃 - - - - 0 - - - -
共通    :飛び道具判定
                しゃがみ状態の相手に当たらない
GC版:1Fから20Fまで打撃・飛び道具無敵、21Fから26Fまで腕にのみ喰らい判定
                27Fから44Fまで打撃・飛び道具無敵

イメージ ダメージ 発生 硬直差 始動 持続 硬直 キャンセル ガード ゲージ
炎帝
(空中でF)
通常版 8 9 - ダウン 8 10 着地まで+30 不可 - 0/2
特キ版 10 9 8 10 着地まで+2 不可 - 0/2
共通:特殊追撃判定、地上の相手に当たらない

必殺技

イメージ ダメージ 発生 硬直差 始動 持続 硬直 キャンセル ガード ゲージ
壱の型
(236+AorC)
A版 6 11 -55 ダウン 10 8+8+8 68 立屈 5/2
C版 4(6) 35 -14 ダウン 34 8+8+7 28 6/2
共通:持続前半は地上の相手に当たらない
C版:中段判定
            持続前半のみ 4ダメージ

イメージ ダメージ 発生 硬直差 始動 持続 硬直 キャンセル ガード ゲージ
弐の型
(214+AorC)
A版 5 15 -41 ダウン 14 15 55 立屈 4/2
C版 8 21 -31 ダウン 20 15 45 立屈 5/2
特記事項

イメージ ダメージ 発生 硬直差 始動 持続 硬直 キャンセル ガード ゲージ
参の型
(214+BorD)
B版 8 31 -2 +1 30 7 24 3/2
D版 1×5 22 -17 ダウン 21 10 36 4/2×5
共通:下段判定
D版:ダウン追い討ち判定

超必殺技

イメージ ダメージ 発生 硬直差 始動 持続 硬直 キャンセル ガード ゲージ
至の型
(236236+AorC)
A版 23 15 -106 ダウン 暗転50/ 14 20 115 立屈 0/2
C版 25 15 -106 ダウン 暗転50/ 14 20 115 立屈 0/2
A版:特殊追撃判定
C版:1Fから134Fまで飛び道具無敵

MAX超必殺技

イメージ ダメージ 発生 硬直差 始動 持続 硬直 キャンセル ガード ゲージ
プロメテウス
(2363214+C)
本体 3+3+(1)×n 13 -33 ダウン 暗転50/ 2 - 78 不可 立屈 0/2×n
攻撃 - - - - 12 ( 2 ,4)×n - - - -
飛び道具判定、特殊追撃判定
ガードされると消滅する

EX超必殺技

イメージ ダメージ 発生 硬直差 始動 持続 硬直 キャンセル ガード ゲージ
赤の絶壁
(214214+C)
本体 18+16 27 +70 ダウン 暗転100/ 0 0 0 不可 立屈 0/2+2
攻撃 - - - - 25 480 - - - -
飛び道具判定、特殊追撃判定

基本戦術

  • 記述無し


キャラ対策

  • 記述無し


コンボ

0ゲージ

  • 2B>2A>A弐の型>D参の型
    D版参の型のダウン追い打ちを利用した基礎コンボ。2Aは密着なら2回刻める

  • AorC壱の型>D参の型
    牽制や暴れ潰し、対空等で壱の型が当たった時も参の型で追撃ができる

  • 2C>5A>炎帝>(ダッシュで近づいて)D参の型
    2Cが地上ヒットした場合相手は真上に大きく浮く為追撃ができる。ダッシュからのD参の型は要練習

  • (画面端) C壱の型>5A>炎帝>D参の型
    画面端でC壱の型が当たった場合は5A拾いから炎帝への繋ぎが可能でダメージが伸びる。C版壱の型が少し離れて当たった時は5Aが届かないので、ダメージは下がるが2A拾いに変える。更に遠く、先端付近が当たった時は2Dで拾い、炎帝を省いてD参の型に繋ぐ。

  • 5A(空中ヒット)>炎帝>(ダッシュで近づいて)D参の型
    朱雀の5Aは対空として強めなので、落とした時はきっちり炎帝に繋いでダメージを稼ぎたい

1ゲージ

  • 2B>2A>A弐の型>D参の型>特キャン>前JDorダッシュ5A>炎帝>(ダッシュで近づいて)D参の型
    1ゲージを使った基礎コンボ。特キャン後は前JDとダッシュ5Aのどちらでもダメージが変わらないので自分のやりやすい方を選ぶ。ゲージを使えばD参の型>特キャン>前JDorダッシュ5A>炎帝>D参の型のパーツがループできる。

  • (画面端) 2B>2A>A弐の型>D参の型>特キャン>C壱の型>5A>炎帝>D参の型
    画面端の1ゲージ基礎コンボ。画面端ならC壱の型>5Aでダメージを伸ばせる。特キャン>C壱の型>5A>炎帝>D参の型のパーツはゲージを使えばループできるので殺しきれる時等にループさせる

2ゲージ

  • (自分画面端) 2B>2A>プロメテウス>(画面端まで運びながら)2A,5A,JD等>(画面端到達)(C壱の型>)5A>炎帝>D参の型
    2ゲージ超必のプロメテウスを使ったコンボ。自分画面端で無くても可能だが、プロメテウスは壁までの距離が長いほどダメージを増やせる。プロメテウスのヒット中は相手が落ちない様に気をつけつつ2A,5A,JD等でダメージを稼いでいく。端到達時はC壱の型から拾う事で1ダメージ増やせるがタイミングが難しい為直接5Aから拾う方が安定する

  • (画面端) C壱の型>5A>バックステップ特キャン>C壱の型>2A>炎帝>D参の型>特キャン>C壱の型>5A>炎帝>D参の型
    ダメージ56とかなり高いが5A>バクステ特キャン>C壱の型が最速に近くないと繋がらないので難易度が高め

  • (画面端) C壱の型>2D>A至の型>特キャン>C壱の型>5A>炎帝>D参の型
    C壱の型が先端付近で当たった時は5Aで拾えないのでこちらを。ダメージは54

3ゲージ

  • (画面端) 2B>2A>D参の型>特キャン>(ダッシュで位置を入れ替えて)5C>プロメテウス>(画面端まで運びながら)2A等>(画面端到達)C壱の型>5A>炎帝>D参の型
    相手を端に追い詰めた状態からのプロメテウスコンボ。特キャンの後は端に向かってダッシュすることで相手の下をくぐり、位置を入れ替える事が出来る。途中の刻みによるが、上手く刻めばダメージは7割を超える。その代わりにヒット数が非常に多い為、相手にも多くのゲージを与えてしまう事に注意
+ 参考動画

  • (画面端以外) 2C>5C>赤の絶壁>炎帝>赤の絶壁ヒット>(跳ね返ってきた相手に)5A>炎帝>赤の絶壁ヒット>(跳ね返ってきた相手に)5A>炎帝>(ダッシュで近づいて)D参の型
    EX技の赤の絶壁を使ったコンボ。赤の絶壁は自分の前方に壁を作り出すので、相手を端近くに追い詰めていると攻撃判定が発生しない為、自分が端に近い時に使用すること
+ 参考動画

4ゲージ

  • (自分画面端) 2B>2A>プロメテウス>(画面端まで運びながら)2A等>(画面端到達)>(ダッシュで位置を入れ替えて)5C>プロメテウス>(画面端まで運びながら)2A等>(画面端到達)5A>炎帝>D参の型
    プロメテウスで画面を往復するコンボ。刻み次第で非常にダメージが高く、100を超える事もできる

  • (画面端) 2B>2A>A弐の型>D参の型>特キャン>(ダッシュで位置を入れ替えて)5C>赤の絶壁>炎帝>赤の絶壁ヒット>(跳ね返ってきた相手に)5A>炎帝>赤の絶壁ヒット>(跳ね返ってきた相手に)5A>炎帝>D参の型
    相手画面端状態からの赤の絶壁を使用したコンボ。炎帝を前Jで出して、端との隙間を作りながら拾う事で相手画面端状態をキープすることも可能
    2B>2A>A弐の型>特キャン>(ダッシュで位置を入れ替えて)5C>赤の絶壁>……と繋ぐとヒット確認が難しくなるがコンボ補正の関係でダメージが10以上伸びる
+ 参考動画

5ゲージ

  • (画面端) 2B>2A>A弐の型>(ダウン追い打ち)D参の型>特キャン>(ダッシュで位置を入れ替えて)5C>プロメテウス>(画面端まで運びながら)2A等>(画面端到達)>(ダッシュで位置を入れ替えて)5C>プロメテウス>(画面端まで運びながら)2A等>(画面端到達)5A>炎帝>D参の型
    相手画面端状態からのプロメテウス往復コンボ。刻み次第だがHP110のキャラも即死させる事が出来るほどの火力を持つ。もちろん相手に与えるゲージ量も非常に多いので、最終ラウンドや相手が既に5ゲージ持っている時等に狙いたい
+ 参考動画


対戦前演出対応キャラ

  • 記述無し


特殊勝利台詞対応キャラ

  • 記述無し


勝利台詞

  • 記述無し


ライバル戦デモ

  • 記述無し


その他

  • 記述なし