PETRI2.8


レンズ Orikkor F2.8 45mm 3群4枚
シャッター ペトリカーペルMX B.1~1/300秒、ペトリカーペルMXV及びペトリMXV B.1〜1/500秒、
重量・大きさ 139x85x72mm 700g
価格 ¥13,600
発売 1958年9月

後のペトリの代名詞となる緑色のGreen O Matic ファインダー搭載。
手動復元式フィルムカウンター、明るさを抑えたレンズながら、パララックス自動矯正
フレームを搭載している。

「日本写真機工業会編 戦後カメラ発展史」によると月産1万台を突破していたとされ、
また、3年以上にわたって生産が続けられたとの記述もみられることから、
当時としては最も量産されていたカメラの一つと考えられる

累計120万台(戦後の栗林製カメラの累計)を突破した記念モデルも存在している。

シャッター速度、ボディ正面左側の彫り込み装飾の形状等にバリエーションがある。


下記写真はフォトコンテスト1958年9月号に掲載された新製品紹介記事。

添付ファイル