PETRI CC AUTO55mmF2.0

レンズ名称 PETRI CC AUTO 55mm F2.0
アタッチメントサイズ 52mm
レンズマウント ブリーチロック
レンズ構成 4群6枚 ガウスタイプ
絞り 2.0~16.0 中間絞り無し
最短撮影距離 0.6m
重量・大きさ XXXxXXXxXXX XXXg
価格 ¥XX,XXX(19XX年)
発売 1962年2月?

CC 50mmF2.0から焦点距離が55mmに変更された。正確な発売時期は不明。
アサヒカメラ1966年6月号のニューフェース診断室では、AUTO時の実測F値が1.85
であったとの記述が見られるので、F1.8クラスの実力があったことは確かなようである。
また、55mmF2も55mmF1.8と同じく設計が変更されているとの報告があり、本ページでは
便宜的に設計変更前のものを旧型、設計変更後を新型と称する。


ペトリスレに55mmF1.8の初期生産品と55mmF2.0とのレンズ部に違いが見出せないとの指摘があった。
さらに、旧型の55mmF2.0は開放でも撮影時に絞りがわずかに絞られた状態となっている。
新型の55mmF2.0では、固定絞りリングによりF1.8を2.0に制限されているとの報告があった。(本ページ下記の写真参照)

以上のことからペトリの55mmF2は同時代の55mmF1.8に機能限定をかけたものと考えられる。


写真は最初期(旧型)と思われるKuribayashi銘の55mm F2.0。
絞りリングの回転方向が通常のC.C Autoレンズと逆で、後のEEレンズと同じ方向になって
いるが理由は不明。

旧型の絞りレバーがマニュアル位置で絞りリングが開放(f2)の状態。f1.8のレンズがf2相当に絞り込まれているのがわかる。
オート時は絞り羽は見えなくなるが、自動絞りレバーが押し込まれるとf2相当に絞り込まれる仕様となっている。

旧型55mmf1.8(11万台 銀鏡胴 画像右)と55mmf2(22万台 画像左)の比較。フィルタ径こそ異なるものの、どちらもテーパーのきついタイプの前玉押さえ、幅の広い後玉押さえを使用しており、同一設計のレンズと推定できる。また、コーティングの色こそ異なるものの、反射光を見る限り、曲率は同じようにみえる。
なお、画像ではわかりにくいが、本22万台55mmf2はリングで開放時の口径を制限している。

新型55mmf1.8と55mmf2の比較。f2の絞り付近に口径を制限しているリングが確認できる。


【作例】Kuribayashi C.C. Petri 1:2 f=55mm No.63580(旧型)
http://photozou.jp/photo/photo_only/291718/160538097?size=1024
http://photozou.jp/photo/photo_only/291718/160538018?size=800
http://photozou.jp/photo/photo_only/291718/160538072?size=1024
http://photozou.jp/photo/photo_only/291718/160538046?size=1024
注:尚、本作例はNEX5Nでの撮影(APS-Csize)ですので、画角的には82.5mm相当と
  成っております。