ストーリー


2004年、アメリカ中西部 ノースヤンクトン州・ルーデンドルフの銀行で強盗事件が発生した。

強盗団は警備の攻防を受け仲間を失いながら警察とのカーチェイスを振り切ったものの、途中貨物列車と接触。逃走車は大破してしまう。
犯行グループのうち、マイケル・タウンリーはFIBのスナイパーの銃撃を受け死亡。雇われドライバー(逃がし屋)もノースヤンクトン州警察の銃撃を受け死亡。
ブラッド・スナイダーは銃撃を受けるも辛うじて応戦した。
そしてマイケルの死を見取った男、トレバー・フィリップスは後悔の念と共に吹雪の中へ消えた。(1.1 Prologue

9年後、2013年。

アメリカ西海岸サンアンドレアス州最大の都市、ロスサントスに住む一人の青年フランクリン・クリントン
彼は詐欺まがいの取立て屋に従事しながらも、本心では街を出るという幻想を抱いていた。
ある日、いつものように仕事を済ませるはずだったフランクリンだったが、その最中隠れていたある男に銃を突きつけられた。

自らが、かつて全米を騒がせた大強盗だったということ。
今は証人保護プログラムを受けて何不自由ない生活を送っていること・・・・・・。

男の名はマイケル・デサンタ。9年前の強盗事件で死んだはずのマイケル・タウンリーそのものだった。