トライアド (Triad)



概要

ロスサントス市を中心に活動する中国系マフィア。今作で登場するトライアドはロスサントス支部の組織である。主な縄張りはジンジャーストリート近辺。
ロスサントス市での活動が中心だが、販路を広げるためにブレイン郡にも進出しようとしていた。
ボスは「ウェイ・チェン」。他、息子の「タオ・チェン」やその通訳などが幹部として所属しているものだと思われる。
息子のタオが常にヤクでイってしまっていたり、マイケルのことをトレバーの愛人だと思っていたりと、中々ポンコツさが目立つ組織となっている。

GTA3より登場している古参の犯罪組織で、大体主人公と敵対している。
例外的にGTASAでは主人公CJと協力関係にある組織となっており、首領のウージー以外にも多数の名前付きメンバーが登場していた。*1

主なビジネスはマネーロンダリング、ドラッグや武器の密輸・密売。
同じアジア系のためか韓国ギャングのカンペとは友好関係にある。

GTAの世界に於けるトライアドの支部の中でも、ロスサントス支部のトライアドはライバル組織が多い事もあって最弱の位置にあり、それを打開すべく先述の販路拡大において当初はブレイン郡での一番の問題であるトレバーとの対立を避ける為に彼と組もうとしたものの、タオと通訳による工場見学の際にトレバーが別件で恨みを買っていたバリオス・ロス・アステカスに襲われ、その際にトレバーが安全のため二人を冷凍庫の中に叩き込んでしまい、その恨みからオニール兄弟と手を組んだ。
それ故にトレバーの怒りを買いオニール兄弟は壊滅させられてしまい販路拡大計画は頓挫し、ブレイン郡への足掛かりを台無しにされたトライアドは以後トレバーを付け狙うようになる。

後にトレバーの愛人だと思いこんだマイケルをノースヤンクトンで誘拐するも捕らえる際の反撃でノースヤンクトンの仲間の大半を失い、誘拐には成功するが救出しに来たフランクリンによってロスサントスのメンバーも大勢失った事で元々大きく無かったロスサントスの支部は大打撃を受け弱体化。
それでもしぶとくトレバーとその身内の命を狙おうとしたが、結局Cルートでは最終ミッションでウェイ・チェンに顔の割れてないフランクリンの手でウェイ・チェンを殺害された*2

オンラインでは地下基地関連など一部のミッションで登場するがそこまで多くはなく、影が薄い。
メリーウェザーやカンペが優遇を受けているのとは対照的。
しかし「カジノアップデート」で晴れてダイヤモンドカジノに関わるギャングとして登場し、オフラインストーリーからの生き残りであるタオ・チェンがオーナーとして登場するなど久々に注目を浴びることになった。ウェイの死後、タオの叔父が組織を率いているようである。
なお、ベイカーから受けられるカジノの裏仕事にて「カジノの偽装チップを製造しているトライアドを襲撃する」というミッションが存在する事から、組織も一枚岩では無いのかも知れない*3

モデルは過去シリーズ同様「三合會」。
「14K」「潮幇」「和字頭」という中国及び香港の裏社会において未だに絶大な力を持つ三つの組織を頂点とし、アジア圏のみならず欧米、北米、果てや南アフリカやニュージーランド等の華人社会で大きな影響力を誇る巨大組織である。

メンバー

ウェイ・チェン(ボス)
タオ・チェン
タオの通訳(本名不明)
タオの叔父(詳細不明。中国在住で、タオの通訳の話に出てくるのみ。)

所有車両

ボーラー
ブリート
バイソン