機動作戦



概要

地下基地を購入し、更にウォーストックから機動作戦センターを購入することで受注可能なミッション。
「カーディーラー」の「特殊車両ジョブ」と同じくミッション扱いとなっている。基本システムもほぼ同じ。
開始するとスタッフ、ボディガード、MCのメンバーが自動で招待されるほか、組織に属していないプレイヤーも通常のミッションと同じように招待することが可能。

特殊車両ジョブと同様に、それぞれのミッションごとに銃器密輸で追加された乗り物を使うことになる。ただし一部の性能が異なる*1場合もある。
乗り物が壊れてしまっても即失敗とならず代わりの車両が用意されることもある。
また、ホストとして成功させることで各乗り物を特別セール価格で買うことが可能になる。主催しておいて確実に損は無いだろう。

初期状態では全てのミッションにロックが掛かっており、受注することが出来ない(スタッフとして参加は可能)。
これらのロックは、地下基地の原材料調達を4回行うごとに一つずつ解除されていく。
例外として、オプレッサーを用いる「データ漏洩」「業務上対立」の2つは、ほぼ同時にアンロックされる*2

ミッション一覧

荒れ狂う空模様
ブレイン郡でメリーウェザー空輸部隊を襲撃しろ。作戦完了後の返却を条件として戦闘用デューンバギーを支給してやる。
#ref error :ご指定のファイルが見つかりません。ファイル名を確認して、再度指定してください。 (width=240)
必要人数 2~4人
制限時間
成功条件 輸送部隊殲滅及び、デューンバギーの受け渡し地点到達
失敗条件 輸送機に逃げ切られる、デューンバギーの破壊
報酬 $
  • メリーウェザーの輸送部隊を襲撃し、損害を与えるのが目的。
  • デューンFAVがあるので、それを使って目的地へ向かおう。
    • ドライバーは運転に専念したほうが良い。ドライブバイで援護することも可能だが、丁寧に運転してガンナーが安定した射撃を行えるよう心がけよう。
    • 2人までならマシンガン付き、3人以上になるとミニガン付きのデューンFAVが用意される。またどちらとも近接地雷を設置できる。
    • 参加人数が3人だと、1人はデューンバギーに乗ってひたすらついて行くしかすることがないため非常に暇になる。できれば2人か4人で行おう。
    • ガンナーは撃てる仰角が意外と狭く、自車に対して上過ぎたり真横の敵には撃つことが出来ない。運転手はこれらも配慮した位置取りで走行すること。
  • 一機目はカーゴボブ。線路沿いに飛行しているので、ドライバーは線路の横の道を走って、ガンナーは攻撃に専念。
    • このミッションのターゲットとなる航空機は非常に硬く、ローターを撃っても効果がない。素直に本体か、より効率よくダメージを与えるならエンジン部分を撃ち続けて撃墜しよう。
    • 以降のターゲットでもそうだが、ターゲットがカーゴボブの場合は追い回すと後部に乗り込んでいるメリーウェザー兵が粘着爆弾を投げてくる。とはいえ当たらないので気にせず追い回そう。
  • 二機目もカーゴボブ。ハーモニーのあたりから東へ向けて飛行している。今度はバザードの護衛付きだが、相手にしていると時間がなくなるので無視してカーゴボブを攻撃。
  • 三機目はタイタン。サンディ海岸飛行場から離陸するので、追いかけて攻撃。かなり早いので運転手はアクセル全開で。
    • 追いかけてくるメサ3がいるので、ドライバーが近接地雷で対処しよう。
    • 滑走路の東には都合よくジャンプ台が設置してあるので、それを使って追いかけよう。
  • 四機目もタイタン。アラモ海の上を飛行しているので、海沿いの道を並走して攻撃。フロガー2機が護衛についているがやはり気にする必要はない。
  • 最後は再びカーゴボブ。高速道路上を飛行して逃げるので、メサ3のバリケードやラムアタックに警戒しつつ攻撃する。
    • これまでに比べカーゴボブの高度が高いので、距離を詰めすぎないように。
  • 輸送部隊を殲滅したらサイプレス・フラットの回収地点へ向かう。この帰り道にもメサ3がどんどん湧いてくるので、ドライバーは最後まで油断せず、ガンナーも最後まで頑張ること。
    • また、ゴール地点等で地雷を設置してしまうと、友好NPCが爆風で倒され失敗になってしまうことも…。

ハーフトラックの脅威
敵エージェントの作戦本部に侵入し、戦闘用ハーフトラックを盗み出して敵戦力を削げ。盗んだ車両は仲間に届けるように。
#image(width=240,height=135) 必要人数 2~4人
制限時間
成功条件 ハーフトラックの受け渡し地点到達
失敗条件 ハーフトラックの破壊
報酬 $
  • 敵本部からハーフトラックを盗み出して届けるのが目的。
  • ディンギーが用意されているので、まずは敵本部の沿岸まで行くことになる。到着するとエージェント14からカメラの映像を見せられる。
  • ここからステルスミッションの状態になり、マップ上に敵の位置と視界が表示される。発見されても失敗にはならないが、出来るだけ発見されずに進もう。
  • ハーフトラックの傍まで来ると、ロックを解除する為にハッキングを行うことになる。コンタクトミッションなどで行う数字合わせとは違いサークル内に留まるだけ。
    • ここまで敵に発見されてない状態であっても、ハッキングを開始すると強制的に戦闘状態になる。
    • またロック解除前にハーフトラックのドアに手を掛けると防衛装置が働き、電流が流され微量のダメージと共に感電して倒れてしまう。当然その間は無防備になるのでくれぐれもハッキングが終わるまで触らないこと。
  • ハッキングを完了したらハーフトラックに乗り込み、目的地まで届けることになる。
    • 道中は地上と空から大量の敵に追われるうえに、ロードブロックが配置されてる箇所もあるので、ガンナーは積極的に敵を減らしていこう。
    • 特に空の方には難敵ワルキューレが出現し榴弾砲で容赦無く砲撃を行ってくるので、放っておくとハーフトラックの耐久力がみるみる内に減らされる。発見次第最優先で撃墜すべし。
  • 無事に目的地まで届ければクリアとなる。

撤退戦略
わが国の重要顧客および協力者が、自家用機とヘリでロスサントス国際空港から飛び立つ。彼らを守れ。依頼にあたり、砲塔付きトレーラーを用意した。壊さずに返却しろよ。
#ref error :ご指定のファイルが見つかりません。ファイル名を確認して、再度指定してください。 (width=240)
必要人数 2~4人
制限時間
成功条件 高官3人の脱出成功及び、車両の受け渡し地点到達
失敗条件 高官の死亡、車両の破壊
報酬 $
  • 高官3人を国外へ脱出させるのが目的。
  • 対空トレーラーと牽引の為の軽装甲車ナイトシャークが用意されてあるので、ナイトシャークで対空トレーラーを牽引して空港へ向かう。また参加人数が4人の場合のみ、ナイトシャークが2台用意される。
    • 用意される対空トレーラーは三種でそれぞれに特長がある。
      • 20mm4連装機銃モデルは一発の威力こそ三種中最も低く射程も短いが、その威力を補う連射力による取り回しの良さが利点。対空は勿論対地に関しても、張り付かれる程接近されても容易に迎え撃つ事が出来る。迷ったら取り敢えずこのモデルを選んでおけば良いだろう。
      • ミサイル砲台モデルはロックオン距離の長さ(空港滑走路の約半分程)が利点だが、ホーミングランチャーの様に対象をロックオン範囲に捉えつつ、ロックオンキーを押し続けロックオンが完了しなければ誘導性を発揮しない。しかし一度ロックオンして発射すればほぼ確実に命中する強力な誘導性を誇るので特に対空に関しては非常に強力。勿論腕に自信があるならノーロックで射撃もアリ。ミサイルの発射レートはサベージ等の大型攻撃ヘリと同程度。
      • 対空砲モデルは一発の威力が非常に高く射程が長い、更にほぼ一瞬で着弾する程の弾速と一撃必殺に特化したモデル。しかし登場する敵はいずれも非装甲・非対爆の車両なのでその高火力はやや持て余し気味な上、連射が利かないのでまごつけば敵の大軍に押され、護衛対象どころかこっちの身まで危険に晒す可能性が高くなると扱いが最も難しい。このモデルを敢えて使うなら目に入った敵は全て一撃で仕留め、決して接近を許さない位の射撃の腕前が求められる。
  • 空港に着いたらひたすら警察のポリスクルーザー、FIBのバッファローとバザードを撃退し続け、高官を護衛する。
    • 基本的には対空トレーラーが攻撃を担当すること。ナイトシャークには車載武装としてマシンガンが搭載されているが、正面にしか撃てない上に威力も低いためハッキリ言って役に立たない。
  • 一人目は東の格納庫から飛行機で飛び立つ。
  • 二人目は北の方に待機しているので迎えに行き、高官が乗ったパトリオットをヘリのところまで護衛する。
  • 三人目は西の格納庫から一人目と同じく飛行機で飛び立つ。この飛行機がパトカーに衝突して爆散するというケースが多いので注意。
  • 無事に全員逃がしたら空港から離れ、サイプレス・フラットの受け渡し地点まで車両を運ぶ。この間も警察及びFIBからの追撃が続くので油断しないように。

海底資産
APCを使って、沖に沈んだ貨物船から貨物を引き上げてくれ。海底から引き上げたらAPCと貨物を仲間に届けろ。競合組織からの襲撃に備えておけ。
必要人数 2~4人
制限時間
成功条件 貨物の回収及び、APCの回収地点到達
失敗条件 APCの破壊
報酬 $
  • 海底に潜る事になるがリブリーザーが支給されるので問題ない。または「強盗:ドゥームズ・デイ」で追加されたスキューバギアを着て挑むのも一手。
  • スタートしてから少しするとAPCが空輸されて来て目の前の波打ち際に投下される。それに乗り込むと目的地のアイコンが標示されまずはそこに向かう事になる。
  • 現場では既に敵対組織からの依頼で、メリーウェザーの部隊がボートやヘリ等で護衛をしつつ回収作業を行っている。ここからはステルスミッションとなり、ヘリやボートの護衛の視界に入らない様にしつつ、貨物が沈んでる場所を目指すのだが見付かっても戦闘体勢に移行されるだけでミッション失敗にはならない。面倒だと感じたら先にこっちから仕掛けてしまうのもあり。
  • 上手く貨物のある海域の所へ到達するか、事前にメリーウェザーの戦力を粗方排除したら誰かがAPCから出て海に潜り、貨物を回収する。この時点でそれまでバレてなくても強制的に発覚されるので、APCに残ったメンバー、特に主砲担当は率先して敵の排除を行いながら回収に向かったメンバーが戻ってくるのを待つ。この間は敵を全滅させても増援が無限に湧いてくるので、固定砲台になるのではなく適度に動き回りつつ迎え撃つべし。
  • 貨物の回収が完了したら指定地点である、ラ・メサのフリジット工場にAPCの返却も兼ねて届ける事になる。その際追手のヘリが回収を担当したプレイヤーの近くにスポーンするので、上がってくる前に盾になるようにAPCを移動させつつ主砲で排除してから乗せてあげよう。
  • そこから陸路に上がるまでも上がっても、フリジット工場に着くまでメリーウェザーの追撃部隊が陸海空から続々とやって来る。特にバザードは機銃に加えミサイルまで放ってくるので、うっかり命中弾を浴びるとAPCの耐久力が大きく削られる。一方で海の追っ手のディンギー、陸の追っ手であるメサからの攻撃はマイクロSMGやピストルでのドライブバイと大した事はない。なので主砲担当のプレイヤーはバザードを含む敵ヘリを優先して排除し、メサやディンギーに関しては無視かAPCの重量に任せた体当たり、或いは3、4番席のプレイヤーが使える機銃で蹴散らし突き進むべし。工場付近まで近付けば追撃部隊は撤退していく。

テイク・カバー
製造依頼を受けた機動作戦センターが完成した。速度を維持して敵ミサイルにロックされるのを避けながら、機動作戦センターの安全を確保しろ。
#ref error :ご指定のファイルが見つかりません。ファイル名を確認して、再度指定してください。 (width=240)
必要人数 2~4人
制限時間
成功条件 機動作戦センターの受け渡し地点到達
失敗条件 機動作戦センターの破壊
報酬 $
  • 機動作戦センターに乗り、受け渡し地点に届けるのが目的。
  • ミッションの説明通りドライバーはスピードを落とさずに運転する。特に最初は機動作戦センターの巨体に対してお世辞にも幅が広いとはいえない道を通る。木などに車体を引っ掛けないよう注意。
  • 敵戦闘機がミサイルを撃ってくるが早々破壊されたりしないので焦らず対処しよう。
    • むしろ、戦闘機は無視して車両やヘリの対処に専念する方が良いかもしれない。
      • なお、このミッションの敵戦闘機はなぜかタイヤを出したまま飛行している。
  • 前方から来る敵車両を撃破すると、吹き飛ばされた残骸に体当たりされたり、道を塞がれたりと進行の邪魔になりがち。前方の砲塔に乗る人は注意する。
    • 機銃手が一人の時は後部の砲塔を使う方が安定して迎撃しやすい。
      • 上記のように撃破された敵車両の残骸が進行を邪魔することが多々あるため、極端な話だが、砲塔操作役は一切手出ししないのもひとつの手。しかし、フレンドなどの意思疎通が取れるメンバーで固めているならともかく、野良で行う場合はサボりとみなされ、最悪誹謗中傷を受けることもありうる。さじ加減が難しいだろう(ミッション自体は砲塔係が撃たずとも進行出来る)。
  • 受け渡し地点近くになると、速度制限が無くなるので安全運転で走ろう。

スパイ狩り
戦闘用タンパを使って信号ジャマーを破壊し、戦闘員の居場所を突き止めろ。奴が亡命する前に始末するんだ。終わったら指定の受け渡し地点に戦闘用タンパを戻すように。
#ref error :ご指定のファイルが見つかりません。ファイル名を確認して、再度指定してください。 (width=240)
必要人数 2~4人
制限時間
成功条件 ターゲット撃破及び、戦闘用タンパの受け渡し地点到達
失敗条件 戦闘用タンパの破壊
報酬 $
  • 戦闘用タンパを使い、裏切り者を始末するのが目的。
    • なお、エージェント14がこのミッションの冒頭で「2017年にもなって…」と言っており、オンラインの時間軸が混乱する要因となっている。
  • まずは信号ジャマー(トラック)を破壊する。
    • 参加人数に応じてジャマーの数が増えるので、手分けして破壊に向かおう。
    • ジャマーのそばには護衛がいるが、デュアルミニガンで蹴散らしてしまえば問題なし。
  • ジャマーを全て破壊したら待ち合わせ場所(ピルボックス・ヒル)へ向かい、全員集まったらエリシアン島へ向かう。
    • エリシアン島には大量の敵が待ち構えているので、片っ端から倒していく。バザードはあまり厄介ではないので、地上部隊を優先して倒そう。
    • 厄介なのは機銃付きインサージェント。タンパの向きによってはあっさり運転手が打ち抜かれることもあるので距離を詰めると危険。
  • ある程度敵を倒すとターゲットが戦闘用タンパに乗って逃走を図るので、追撃して破壊する。
    • ターゲットの戦闘用タンパは距離を取っていると後部迫撃砲で、至近距離まで近付くとデュアルミニガンで応戦してくる。迫撃砲は真後ろを取っていなければまず当たらないが、ミニガンに関してはNPC故の超精度で撃ち込んで来るので、その凶悪な火力と相まって此方の戦闘用タンパでも長持ちはしない。故に下手にかつ真後ろから近付き過ぎず、少し離れてデュアルミニガンを叩き込み続ければその内撃破できる。
    • 途中で機銃インサの増援がやってくるが、無視するか倒すかはご自由に。
  • ターゲットを始末したらグランドセノーラ砂漠の回収地点(コンタクトミッション「守り手」の開始地点)に戦闘用タンパを運んでミッション完了。

データ漏洩
敵エージェントが盗んだ企業情報の保存機器としてバイクのオプレッサーを使用している。見つけ次第奪い取って、仲間の貨物機のところまで移送しろ。
#ref error :ご指定のファイルが見つかりません。ファイル名を確認して、再度指定してください。 (width=240)
必要人数 2~4人
制限時間
成功条件 オプレッサーの回収及び、受け渡し地点到達
失敗条件 オプレッサーの破壊
報酬 $
  • 漏洩した機密情報を積んだオプレッサーを敵対組織から回収するのが目的。
  • 目的地はオフラインの宝石店強盗で通った地下道。スタート地点に施錠されていないボーラーが固定配置されているので、車がない場合はそれを使おう。
  • 地下道に着いたら敵を倒しつつ前進していく。
    • 途中に乗車可能なメサ3があるので移動に使っても良いが、敵への対処が難しくなるので安全策なら徒歩で進もう。
    • 敵自体は数も少ない上に弱いので、戦闘面で苦労はしないはず。
    • フリーセッションで乗っていた個人車両が使用できるため、ハーフトラック等の車高が高い車両で地下道に入ればかなり楽にクリアできる。
  • 三叉路の建設現場にあるオプレッサーを回収したら地下道から脱出する。マーカーが表示されるのでそれに従って進めばミッション・ロウの辺りに出られる。
    • 途中に待ち伏せがあるが、メサ3をミサイルで吹き飛ばせば問題なし。
  • 地上に出たらロスサントス国際空港にある輸送機にオプレッサーを届ければミッション完了。
    • メサ3とバザードの追っ手がかかるので、ミサイルで撃破しつつ進む。オプレッサーはバイクなのでドライブバイに滅法弱い。敵の接近を許さないように。
    • 追っ手のメサ3は空港のロータリーまで現れるので、最後まで油断しないこと。
    • 人数が多い場合、ルートを分散して進んだほうがメサ3の数が減って楽になる。

業務上対立
オプレッサーを使い、俺達の本拠地で敵の機動作戦センターを破壊しろ。敵は偽装技術を使い地上部隊からの援護も受けている。作戦が終わったら装備は返してもらうぞ。
#ref error :ご指定のファイルが見つかりません。ファイル名を確認して、再度指定してください。 (width=240)
必要人数 2~4人
制限時間
成功条件 敵機動作戦センター破壊及び、オプレッサーの受け渡し地点到達
失敗条件 オプレッサーの破壊
報酬 $
  • 敵対組織の機動作戦トレーラーを破壊する。
  • 飛行中の輸送機内からオプレッサーに乗ってスタート。後部ハッチから飛び降りる。
    • 目的地の埠頭エリアまで飛行する。途中バザードが現れるので迎撃する。
  • 地上ではインサージェント・トラックがトレーラーを守っている。
    • トレーラーのみ破壊すればOK。この時、ロック範囲ギリギリでミサイルを打つと、敵ヘリが出現せず安全に破壊できる。
    • トレーラー、インサージェント共にミサイル一発では破壊できない。数発当てる必要がある。トレーラーは特に固い。
  • トレーラーを破壊すると偽情報であったことが判明。本当の目標の位置が示されるので向かう。
    • オプレッサーの性能を活かし、飛行して地形を無視したり、ロケットブーストで加速したりして追く。
    • 真目標は護衛が固く、警察の妨害も入るため、一人での深追いは厳禁。なるべく複数人で同時に攻撃、または援護する。
  • 真目標を破壊したら、合流地点までオプレッサーを持っていく。
    • 手配を撒く必要はなく、合流地点に近づくと自然消滅。
      • 手っ取り早くつきたい場合はナビ通りの東回りではなく西回りがおすすめ。飛行しやすい。
  • このミッションの一番の敵は歩兵やインサージェントトラック、バザード、警察ではなく「ワルキューレ」である。敵NPCの高精度射撃補正によって、地面に居るとほぼ100%と言っていいほど機関砲で爆殺される。一度機関砲に撃たれるとバイクから吹っ飛ばされ、立ち上がってバイクに向かってる途中で爆風にて爆殺される。このため何かの拍子でバイクから降りる→「死」を意識していこう。とにかくヘリを見かけたら最初に撃墜する事をお勧めする。