モーターサイクルクラブ



概要

GTAオンライン:バイカー」で追加されたコンテンツ。
メイズバンクの抵当流れ物件用ウェブサイト(Maze Bank Foreclosures)からクラブハウスを購入することでクラブハウスへのアクセスおよびモーターサイクルクラブ(MC)を設立することが可能になる。
アクションメニューから「モーターサイクルクラブ」を選択し、「モーターサイクルクラブを設立」を選択することでモーターサイクルクラブを設立できる。

クラブハウスのオプションの項目は以下の通り ()は改装時の価格
オプション 最低価格~最高価格
壁画 $0($80,000)~$150,000
スタイル $0($45,000)~$400,000
クラブのエンブレム $0($50,000)~$100,000
クラブ名 $0~($175,000)
銃器庫 $320,000
バイクカスタムショップ $530,000

壁画(1~9)
$0($80,000)、$86,500、$93,000、$99,500、$106,000、$112,500、$119,000、$132,000、$150,000
スタイル
壁スタイル→$0($74,000)/$138,000、壁掛け装飾→$0($45,000)/$98,000、家具オプション→$0($81,000)/$164,000
エンブレム(Social Club、1~9
$100,000、$0($50,000)、$51,500、$53,000、$54,500、$56,000、$57,500、$59,000、$60,500、$62,000
クラブ名
名前→$0($125,000) *1 、フォント *2 →$0($50,000)

セキュリサーブの組織と同様に、MCプレジデントがアクションメニューからMCメンバーを募集することができる。セキュリサーブの組織より多くの役職があり、各役職ごとに異なるスキルを使用することができる。MCメンバーの人数制限は8人まで。セキュリサーブの組織は4人までなので、大規模な組織を築くならこちらの方が向いている。
  • 注意点としてセキュリサーブの組織とは異なりライバルMCのメンバーに加入要請することはできない。相手がMCを解散・脱退すれば加入要請することが可能になる。
  • MCプレジデント以外のメンバーの場合、MCから離脱すると 処刑対象に指定される ので注意。また、セキュリサーブの組織とは違ってMCメンバーを解雇することができない(処刑対象に指定することしかできない)点にも注意。

MCメンバーは役職に関わらずアクションメニューでバイクを要請できる。
  • この機能はかなり便利。所有しているバイクを瞬時に要請可能な上、整備士から個人車両を要請する場合とは異なりクールタイムがなく何回でも要請することが可能。
  • 個人車両が既に近くにある場合は、同じくアクションメニューから保管場所に戻すこともできる。

MCプレジデントとロードキャプテンはバイク走行時のフォーメーションを設定できる。フォーメーションをセットしたプレイヤーを先頭とする「リード」か、中心とする「オープン」の2種類。
  • フォーメーションをセットしたプレイヤーの周囲にMCメンバーがバイクで入ることによりライフボーナスが発動する。その状態を維持することでプレイヤーのライフとボディアーマーが回復し、バイクの耐久値も回復する。ただし、残念ながらバイクの傷は修復されない。
  • フォーメーションアシストをオンにすると、MCメンバーのバイクの最高速度はフォーメーションをセットしたプレイヤーと同じになるように補正される。大きな性能差があるバイク同士でも置き去りにしてしまう心配はない。
  • フォーメーションをセットしたプレイヤーについていけるように凄まじいスピードブーストがかかる。極端な例では、ファギオMODでもハクチョウドラッグのトップスピードに余裕でついていける程。最初にフォーメーションを展開しなければいけないのでセットしたプレイヤーは徐行する必要があるが。

役職

プレジデント(PRESIDENT、会長、総長)

MCを設立したプレイヤーがMCプレジデントになる。組織でいうボスやCEOに値する役職。アクションメニューの「MCの管理」からMCのスタイルやメンバーの役職、走行時のフォーメーション等を設定できる。また、MCメンバーはMCプレジデントが設定したスタイルから自分のコスチュームを選択できる。
ボスやCEOとの違いとして、弾薬やアーマーをその場に落としたり乗り物を要請するといった固有のスキルはない。

バイスプレジデント(VICE-PRESIDENT、副会長)

固有スキルは「ヒット&ライト」、「ターゲットライバル」、「ブルシャークを落とす」の3つ。
  • ターゲットライバルは指定したライバルプレイヤーが専用アイコンでレーダーに表示されるようになる。他のMCメンバーにも共有される。
  • 激しい戦闘が発生するジョブや、MCが何らかのトラブルに巻き込まれたときは積極的にブルシャークを落としていこう。

サージェントアットアームズ(SERGEANT AT ARMS、警務)

固有スキルは「弾薬を落とす」、「火炎瓶を落とす」、「逃走」の3つ。
  • 弾薬はアクションメニューからでも補充できる上、火炎瓶も攻撃手段としては使いづらいので、スキルを使用する機会は限られるだろう。

ロードキャプテン(ROAD CAPTAIN、旅行管理者)

固有のスキルは「乗り物を要請する」、「インスタントレース」、「フォーメーション」、「フォーメーションアシスト」の4つ。

エンフォーサー(ENFORCER、用心棒、執行人)

固有のスキルは「暗殺を要請する」、「アーマーを落とす」、「アナーキーツーリング」の3つ。
  • 暗殺を要請するは指定したライバルプレイヤーに暗殺部隊を送りつける。バイスプレジデントが指定したターゲットライバルなどに送りつけるといいだろう。
  • ボディアーマーは主にNPCとの戦闘の時に落としていくといいだろう。

プロスペクト(PROSPECT、見習い)

組織でいうボディーガードやスタッフに値する役職。MC加入直後は全員プロスペクトである。固有のスキルはなし。

クラブジョブ

MCプレジデントがアクションメニューから選択できる。いずれのジョブも配下のMCメンバー、ライバルMCや組織、その他ライバルプレイヤーがいないセッションでは開始することができない。

デスマッチ(2~16人用)

招待限定。セッション内のライバルMCや組織にデスマッチで勝負を挑む。

バイカー決戦(2~16人用)

セッション内のライバルMCにバイクを使用したデスマッチで勝負を挑む。

ケージ・イン(2人以上用)

誰でも参加可能。バイクでエリア内に入り、最後までルートをたどることができれば勝利となる。ルート上の他のバイカーを排除するにはバイク近接攻撃が有効。

正当防衛(2人以上)

誰でも参加可能。近くのエリアに向かい、そこをセッション内の他のプレイヤーから守る。ライバルプレイヤーはエリアを奪取し制圧すると勝利できる。

処刑対象を指定

MCメンバーがモーターサイクルクラブから離脱するかMCプレジデントがMCメンバーを処刑対象に指定することで発生するジョブ。MCメンバーが処刑対象に指定されたターゲットを倒すか、ターゲットが2分間逃げ切れば終了となる。また、ターゲットには暗殺部隊としてピストルを装備した敵4人が乗車したギャング・ブリート複数台がこちらへ向かい攻撃してくる点にも注意。

クラブチャレンジ

クラブジョブと同様、MCプレジデントがアクションメニューから選択できる。ボスチャレンジのMC版といったところで、配下のMCメンバーがいないと開始することができない。

サーチ&デストロイ

エリア内でターゲットを探して排除し、その数をMCメンバーと競い合う。

ウィリーライダー(2~8人用)

制限時間内で誰が最長ウィリーを決められるかMCメンバーと競い合う。

違法な悪ふざけ(2~8人用)

バイク近接攻撃で車を攻撃した回数を他のプレイヤーと競い合う。

メンバーチャレンジ

こちらもボスチャレンジのMC版といったところで、クラブチャレンジとの違いはMCプレジデントによって各役職に割り当てられたMCメンバーがアクションメニューから選択できるようになっている。しかし、開始するにはMCメンバー全員がバイクに乗る必要があったり、MCメンバー全員が付近にいる必要がある。

ヒット&ライド(バイスプレジデントスキル)

制限時間内にマップ上のターゲットを誰が一番多くドライブバイキルできるかMCメンバーと競い合う。

逃走(2~8人用)(サージェントアットアームズスキル)

MCの全プレイヤーが手配度「星5つ」状態になり、最後まで生き延びれば勝利となる。

インスタントレース(2~8人用)(ロードキャプテンスキル)

クラブハウスまたはマップ上のランダムな地点まで、MCメンバーとバイクレースで競い合う。

アナーキーツーリング(2~8人用)(エンフォーサースキル)

バイクに乗って誰が最も大きな損傷被害を出せるかMCメンバーと競い合う。

クラブハウスミッション

ボスのジョブのMC版といったところで、アクションメニューではなくクラブハウス内の会議室にある壁掛けボードから開始できる。ボードには下記の中からランダムで3種類のミッションが貼り出されて、その中から1つ選んでミッションを開始する。
ミッションによっては2人以上のMCメンバーを必要とするのもあり、どのミッションが貼り出されるかはランダムなので、1人で開始できるミッションが1つも貼り出されないこともある。セッションを変更したり、貼り出されているミッションが全て終了すると再びランダムで貼り出される。
また、限定セッションからでも開始できる。ライバルプレイヤーにも活動が通知されるので公開セッションで開始した場合は注意が必要。

:ジョブ名 必要人数 制限時間 ジョブ名 必要人数 制限時間 ジョブ名 必要人数 制限時間
銃器密輸 1人~ 30分 奪還 1人~ 30分 雇われ用心棒 2人~ 15分
交渉決裂 1人~ 30分 凶器指定殺人 2人~ 15分 占有は九分の勝ち目 2人~ 30分
金庫破り 1人~ 30分 護送車襲撃 1人~ 30分 壊れ物 2人~ 15分
アウトライダー 2人~ 30分 放火魔 1人~ 15分


銃器密輸

武器の取引現場に奇襲を仕掛け、武器ケースを受け渡し地点まで届ける。
  • 武器取引が行われている場所はロスサントス国際空港、ラゴ・ザンクード、グレイプシードのいずれかとなる。
  • 目的地には武器ケースを載せるトラックが停めてあり、武器ケースが5つ落ちてある。また周囲には敵が10人ほどいる。
  • 武器ケースを全てトラックに載せたらトラックを運転して受け渡し地点へ運ぶことになる。運転するトラックはロスサントス国際空港の場合はコンテンダー、ラゴ・ザンクードの場合はランポ・カスタム、グレイプシードの場合はギャング・ブリートになる。
  • 追手が出現しないが、受け渡し地点まではかなりの距離がある。トラックを受け渡し地点へ運ぶとクリアとなる。

奪還

厳重に守られた場所から取引相手を救出し、安全なところまで送り届ける。
  • 目的地はプエルト・デル・ソルかロスサントス国際空港警察署(ミッション・ロウ)、オニールの農場(グレイプシード)のいずれかとなる。
  • 警察署以外の場合は目的地へ到着するとクライアントのライフのゲージが画面右下に表示され、ライフが尽きるとクライアントが死亡するのでそれまでに救出する必要がある。また、オニールの農場以外の場合は手配度星2つが発生する。
    • プエルト・デル・ソルへ向かった場合は線路に沿って地下鉄のトンネルから侵入する。ロスサントス国際空港へ向かった場合は駅の入口から侵入することになり、駅の構内にいるN.O.O.S.Eの隊員を倒しながら、クライアントが拘束されている駅のホームへと向かうことになる。また、空港周辺や駅の構内には[[カービンライフル>Carbine Rifle]を装備した武装警官が出現している場合もあるので注意。
    • 警察署の場合、クライアントは地下の独房にいるので、独房の扉を開錠する鍵を探すか、昔ながらの方法(粘着爆弾)で独房の扉を爆破する。鍵が置いてある場所は毎回ランダム。
      クライアント救出後に警察署屋上に停めてあるポリス・マベリックで逃げるようマルクからメッセージで勧められるのでそれで脱出してもいい。
    • オニールの農場の場合、クライアントの居場所がレーダーに表示されないので農場内にいる敵を殲滅しながらクライアントを探し出すことになる。クライアントの居場所はランダムで毎回同じ場所にいるとは限らない。
      クライアント救出後に追手がサンチェスが2台ずつが出現する。クライアントをバイクの後部座席に乗せているとクライアントが撃たれてしまうので、降りて応戦する方がいいだろう。
  • クライアント救出後は乗り物に乗せてクライアントを隠れ家まで連れていけばクリアとなる。

雇われ用心棒

車列が目的地に着くまで護衛を行う。
  • 葬送に乗って教会(パシフィック・ブラフス)へ、リムジンに乗ってバニラ・ユニコーン(ストロベリー)へ、SUVXLSに乗って農場(バインウッド・ヒルズ)へ向かうのいずれかのパターンとなる。
  • 停めてある2台の乗り物には味方4人が乗車してるのでMCメンバー2人がそれに乗り込み目的地へ向かう。
  • 移動を開始するとレーダーに円が表示されるのでもう一方の乗り物が円の中に入るよう維持しながら目的地へ向かう。
  • しばらくするとバイクに乗った追手が出現するが、味方がドライブバイしてくれるので運転に集中しよう。
  • 目的地へ到着すると5分間敵の襲撃から味方を護衛することになる。
  • 2台の乗り物に乗っていた味方4人と目的地で待機していた味方4人のうち1人以上生き延びればミッション成功となる。また、死亡した味方の数だけ報酬が減るので注意。
  • 敵はバイクに乗って数回の波状攻撃を仕掛けてくるが、味方はSMGなどで応戦してくれる。また、接近してきたライバルプレイヤーも自動的に攻撃する。

交渉決裂

製品の取引を行い、バイヤーの元まで届ける。
  • 目的地はロジャーのスクラップヤード(ラ・プエルタ)かキャットフィッシュ・ビュー(サン・チアンスキー山脈)のどちらかとなる。
    • ロジャーのスクラップヤードの場合、アステカスとの取引なのだが、おとり捜査だったらしく周辺にN.O.O.S.Eの隊員が待機している。ディーラーに合流すると逃げ出し手配度星2つが発生する。製品は逃げ出したディーラーが所持しているので倒して製品を回収する。また、ディーラーが逃げた先にはピストルカービンライフルポンプ式ショットガンを装備したN.O.O.S.Eの隊員が何人もいるので、逃げられる前に始末するのもあり。製品を回収したら警察の追跡を振り切り、グランド・セノーラ砂漠に届ける。
    • キャットフィッシュ・ビューの場合、バラスアルメニアン・マフィアの取引を襲撃する。敵はAPピストルマイクロSMGを装備しており、ある程度倒すと製品を所持した敵がディンギーに乗って沖合に逃走する。逃げられる前に倒すか、シーシャークが4隻停めてあるのでそれに乗って追いかける。製品を回収したら受け渡し地点に届ける。また、マイクロSMGを装備したカンペが追手としてシーシャークに乗って2回出現する。
  • 回収できる製品の数はMCメンバーの人数に応じて変化し、最大2個まで回収できる。報酬は届けた製品の数で上下する。

凶器指定殺人

特定の方法でターゲットの暗殺を行う。
  • 最初の目的地はMCメンバー全員がバラバラで数か所からランダムに選ばれる。
  • 目的地へ到着するとレーダーにターゲットと指定された武器が表示される。指定された武器を所持していない場合は回収してから指定された武器でターゲットを始末しよう。また、指定された武器以外でターゲットを始末するとマルクからメールで注意されて報酬が減る。
  • 目的地によって指定される武器がそれぞれ異なる。また、ターゲットが武器を装備していたりその取り巻きがいる場合もある。
  • ターゲットの人数はMCメンバーの人数に応じて変化し、最大8人まで出現する。報酬は始末したターゲットの人数で上下する。

占有は九分の勝ち目

厳重に守られた場所からバイクを盗み、受け渡し地点まで届ける。
  • ピルボックス・ヒルではロストからデーモン、押収品保管所(ラ・メサ)では警察からヘクサー、漁村(ガリラヤ)ではオニールからサンチェスエンデューロを盗むことになる。
  • 押収品保管所の場合、手配度星2つが発生するが、バイクを回収するとすぐに手配度は消える。
  • 追手は出現しないが、バイクで長距離移動することになるのでMCプレジデントかロードキャプテンはアクションメニューからフォーメーションをオンにしておくといいだろう。バイクを受け渡し地点に届ければクリアとなる。
  • 回収可能なバイクの台数はMCメンバーの人数に応じて変化し、最大4台まで回収できる。報酬は届けたバイクの台数で上下する。

金庫破り

ギャングの隠れ家を襲撃し、金庫から現金を奪う。
  • 目的地は太平洋共同造船所(エリシアン島)、ロストMCのクラブハウス(イースト・バインウッド)、スタブシティのいずれかとなる。
  • 太平洋共同造船所とスタブシティでは金庫破りを開始するたびに敵が3人ずつ2回出現する。金庫破りの最中は無防備なので他のMCメンバーが護衛するか、MCメンバーがいない場合は一度金庫破りを終了して敵を倒した方がいいだろう。金庫破りに成功し、現金を回収したら受け渡し地点に届ける。
  • 回収可能な現金の数はMCメンバーの人数に応じて変化し、最大4個まで回収できる。報酬は届けた現金の数で上下する。
  • コンタクトミッション「ドライドッキング」と同じく金庫破りを行うことになるので、金庫破りのやり方はそちらで参照。

護送車襲撃

護送車を強奪し、囚人を逃走用の乗り物まで送り届ける。
  • 護送車の出現地点はパシフィック・ブラフス、ラ・メサ、パレト・ベイのいずれかとなる。
    • パシフィック・ブラフスの場合、ガソリンスタントに停車しており護送車には刑務官1人と囚人8人が乗車しており、周囲には警察官2人と刑務官1人がいる。
    • ラ・メサとパレト・ベイの場合は、刑務官2人と囚人8人が乗車した護送車と後ろには警察官2人が乗車したポリス・クルーザーがボーリングブローク刑務所に向かって移動している。
  • 近づくか攻撃することで手配度星3つが発生し逃走用ヘリコプターの付近へ運ぶまでは手配度が維持される。
  • 護送車を奪ったら囚人を逃走用ヘリコプターまで運ぶことになる。護送車に乗っている囚人のうちの何人かはピストルを装備しており、高い射撃精度で警察や接近したライバルプレイヤーを攻撃してくれるので、運転に集中しよう。

壊れ物

ロスサントスとブレイン郡を走るロストMCのバンを破壊する。
  • ターゲットはロストMCギャング・ブリートで、後部ドアからマシンガンで攻撃してくるので死なないよう注意しよう。
  • ギャング・ブリートは耐久性が強化されている他、ホーミングミサイルによるロックオンが出来なくなっている。
サベージハイドラなどのキャノンを撃てる乗り物か、粘着爆弾を使うと破壊しやすい。
  • 出現するバンの台数はMCメンバーの人数に応じて変化し、最大8台まで出現する。報酬は破壊したバンの台数で上下する。

アウトライダー

依頼人をバイクで1人ずつ回収し、安全な場所まで送り届ける。
  • 依頼人の居場所はダウンタウン・バインウッドかハーモニーのどちらか。
  • 依頼人がいる近くにバティー801が2台用意されているので2人乗りバイク以外の乗り物で来てしまった場合はそれを使用するといい。
  • 依頼人を目的地まで届ける途中で追手のプロフェッショナルが出現する。依頼人はバイクの後部座席に乗っているので後ろからの攻撃を受けやすい。事故ったりしてしまうとターゲットが死亡してしまうことがある。バイクに乗っているNPCは1発命中させるだけで転倒するのでドライブバイで攻撃するかバイクから降りて攻撃しよう。また、依頼人はピストルを装備しておりバイクから降りているときは応戦してくれるが、路上で降ろすと一般車にはねられることもあるので注意。
  • 依頼人の人数はMCメンバーの人数に応じて変化し、4人~8人までいる。報酬は届けた依頼人の人数で上下する。

放火魔

ギャングの倉庫へ向かい、軍需製品の入った箱を燃やす。
  • 目的地はパワー・ストリート(アルタ)、テキスタイルシティ、ハーモニーのいずれかとなる。
  • 目的地へ到着すると軍需製品の箱が10個が配置されている他、敵のトライアドが10人おり、SMGポンプ式ショットガンを装備している。
  • 軍需製品の箱を破壊するには火炎瓶や爆発物などが必要。ミッション開始時に支給された火炎瓶10個を活用しよう。
    また、ライノ戦車の戦車キャノンやサベージ、ハイドラなどのキャノンなど使用すれば、弾薬費用を気にすることなく速攻で終わらせることができる。

バイカービジネス

クラブハウスにあるノートパソコンからオープンロードのウェブサイトから製造拠点を購入することで製造拠点へのアクセスおよびバイカービジネスが開始可能になる。
購入可能な製造拠点は偽造文書オフィス、ハッパ栽培所、偽造貨幣工場、結晶ラボ、白粉精製所の5種類で *3 、それぞれの製造拠点を1件ずつ所有できる。

それぞれ製品の在庫価格が違い、高値で売れる製品の製造拠点ほど購入価格も高い。
在庫価格は偽造文書<ハッパ<偽造貨幣<結晶<白粉の順に高額になる。
特に制約はなくどの製造拠点から購入しても問題ないが、偽造文書の在庫価格が他の製品と比べるとかなり低いが、裏を返せば失敗したときの損失が少ないので、バイカービジネスのシステムをまだ把握できていない最初のうちは偽造文書からスタートしていくといいだろう。
同じ種類の製造拠点でも価格に大きく幅があり、ロスサントスにある製造拠点の方が高額となるが、補充/売却ミッション時の全体的な移動距離を除けば立地以外に何も変わりはない。(例えばパレト・ベイにある109万ドルの白粉精製所とターミナルにある136万ドルの結晶ラボの場合、結晶の方が高値で売れる様な事はない)

製造拠点にあるノートパソコンからオープンロードの管理サイトへアクセスすると製造拠点の現在のステータスや在庫と原材料の量、合計収益、合計売上、各ミッションの成功率、生産停止数を確認できる。ページ左部分には補充(準備)、アップグレード購入、操業を停止(再開)するの各項目とページ下部分の在庫を売却するを選択するとそれぞれのページを確認できる。

  • 補充ページでは原材料を購入するか原材料を盗んで補充するかを選択できる。
  • アップグレード購入ページでは追加資金を支払って製造拠点の設備、スタッフ、防犯設備をアップグレードするか選択できる。
  • 操業を停止するを選択すると全ての在庫が失われるので注意。
  • 在庫を売却するを選択するとロスサントスかブレイン郡かどちらの地域で売却するか選択できる。

製造拠点購入後は原材料を補充して、在庫を貯めて、任意のタイミングで在庫を売却する。あとは基本的にこの繰り返しになる。。
以前はフリーモードに参加している時のみ製品が生産されていく仕様で、コンタクトミッションやレースなど、フリーモードから退出するジョブをプレイ中の間は 一切生産されない仕様 だったが、「GTAオンライン:銃器密造」で フリーモードから退出するジョブをプレイ中の間も生産される 銃器密造ビジネスと同じ仕様に変更された。

ビジネス準備

初めて製造拠点にあるノートパソコンからオープンロードの管理サイトへアクセスするとページ左部分には準備の項目しか選択できないのでまずはこれを選択して準備ミッションを開始する。準備ミッションを完了させると製造拠点を稼働させることができる。
また、バイカーディフェンスに失敗して製造拠点が閉鎖されてしまった場合も同様に準備ミッションから開始することになる。
  • 原材料が入ったバッグ(偽造文書)または原材料が載せられたポニー(ハッパ)、ストッケード(偽造貨幣)、パウンダー(結晶)、タンパ(白粉)のいずれかを回収する
    • 目的地にはバッグまたは乗り物があるので回収して製造拠点まで届ける。
    • 追手が出現したり、手配度が発生したリすることはないが、広域シグナルは発信されるのでライバルプレイヤーには注意しよう。
    • 準備ミッションを完了させると原材料が最大まで補充される。

補充

スタッフが製品を生産するには「原材料」が必要となる。
原材料が空になると生産が中断されてしまうので注意しよう。なお、原材料の量で生産のスピードが変化することはない。
現金を支払って直接購入するか、原材料は自分で盗んで調達することで補充できる。(購入する原材料の量によって価格は$15,000~$75,000と変化する)
購入する場合は購入価格に関係なく一気に原材料のゲージが最大にまで増加する。ただし、購入手続きをして即座に補充されるというわけではなく、購入した原材料が製造拠点に届けられるまで待たなければならない。
補充する場合はパターンごとに回収できる原材料の量が異なる。パッケージに入っている原材料を回収するパターンは1メモリ(20%)分程度だが、原材料が載せられたブリートバガーなど乗り物ごと回収するパターンの場合は2メモリ(40%)分と多くなる。補充ミッションにクールタイムはないので連続で開始可能。補充ミッション開始時の費用もかからない。
また、回収可能な原材料の数はMCメンバーの人数×1個で、パッケージの場合は最大で8個まで、乗り物の場合は2台まで配置される。MCメンバーが多ければそれだけ1回の補充ミッションで回収可能な原材料の数が増えるが、その分出現するターゲットも多く出現するようになる。多く届けることができればそれだけ原材料のゲージが大きく増加し、効率化が図れるだろう。

補充ミッションのパターンは複数用意されている。
パッケージを回収するパターンの場合、乗り物に乗った状態のまま原材料の上を通過するだけでも回収できる。
他のフリーモードのビジネスと同様、原材料を回収してから一定時間経過で広域シグナルが発信され、全てのプレイヤーに原材料の位置情報が通知される。ライバルプレイヤーはそれを破壊すると現金とRPが獲得できるので、セッション内にいるライバルプレイヤーにも注意しよう。当然ながら途中で全ての原材料が破壊されてしまうとミッション失敗となる。

出現する追手の乗車している乗り物はバイクであることが多く2台ずつ出現する。追手が正面に出現した場合、こちらの乗り物が車であれば逆に轢くことも可能。また、バイクに乗っているのにも関わらず体当たりを仕掛けて勝手に自滅してくれることも。基本的には無視でも大丈夫だが、危なくなったらスナックを食べて回復するか、応戦するなりしよう。

+←クリックで表示 出現する敵の乗り物一覧
犯罪組織 乗り物
ロストMC デーモン ギャング・ブリート
バゴス PCJ600 コンテンダー
バラス ラフィアンボーラーバティー801(バイカーディフェンス時)
ファミリーズ ネメシス
オニール サンチェス
アステカス エンデューロピカドール
マドラッゾ・カルテル ハントレーS
マラブンタ・グランデ トルネード
トライアド ハクチョウ、バティー801(バイカーディフェンス時)
カンペ ダブルT
プロフェッショナル バティー801、フュージティブ
街のチンピラ PCJ600

  • 原材料を運んでいるギャングを排除して原材料を回収する
    • 目的地にはピストルを装備した敵が12人おり、そのうち原材料を所持している敵がいるので全ての原材料を見つけるまで敵を排除し続ける。
    • 原材料回収後に追手が出現する。逃げ切るか始末して原材料を製造拠点に届ければ完了となる。

  • 投下地点にいるバゴスを排除し、物資輸送機に発煙筒で合図を送り、投下された原材料を回収する
    • 目的地にはマイクロSMGSMGを装備しているバゴスのメンバーが8人おり、原材料の投下を待っているのでまずは全員排除する。
    • 排除したら発煙筒の箱を壊して箱から発煙筒を回収する。発煙筒は武器ホイールにあるので装備してから投下地点に発煙筒を投げ込む。しばらくすると原材料が投下されるのでそれを回収して製造拠点に届けると完了となる。追手は出現しない。

  • マップ各地でバイクに乗って原材料を運んでいるギャングメンバーを始末して原材料を回収する
    • バイクで走行中、×ボタン(□ボタン *4 )を押しながらL1ボタン/R1ボタンで任意の方向にバイク近接攻撃をすることができ、警察の注意を引かずにターゲットを倒すことができる。それ以外の方法でターゲットを倒すと手配度が発生する。
    • 製造拠点のある方角へ向かって走行しているのであればともかく、高速道路を走行中のターゲットが遠くまで行ってしまわないよう最優先で破壊したいところ。
    • 途中で手配度が発生した場合は警察の追跡を振り切り、原材料を製造拠点に届ければ完了となる。

  • エリア内にある大量の箱を破壊してそのいずれかの箱に入っている原材料を回収する
    • エリア内には大量に箱が配置されており、それを破壊して原材料が入っているか確認していく。
    • 警備員4人が巡回しており見つかると手配度が発生するので、必要に応じてステルステイクダウンやサプレッサー付きの武器で倒そう。
    • また、目的地がフォート・ザンクードの場合、警備員に見つかるなどして手配度が発生するとではなく兵士が駆け付けてくるので面倒になりやすい。
    • 途中で手配度が発生した場合は警察の追跡を振り切り、原材料を製造拠点に届ければ完了となる。


  • テキーララにいるロストMCを痛めつけて原材料を回収する
    • テキーララに入るとロストMCのメンバーが10人おり、そのうち原材料を所持しているロストMCのメンバーがいるので全ての原材料を見つけるまで倒し続ける。
    • 店内では武器を使用することができない上、ロストMCのメンバーの中にボトルナックルダスタービリヤードキューをそれぞれ2人ずつ装備しており、それで攻撃を仕掛けてくる。
    • ミッションの難易度が低い偽造文書ビジネスやハッパビジネスならともかく、ミッション難易度が高い白粉ビジネスになると敵が異様なくらいタフになる。
    • L2ボタン長押し(L1ボタン長押し *5 )でターゲットをロックオンしている状態で〇ボタンでパンチ、×ボタンでキック、□ボタン長押ししている間は敵の攻撃を回避することができる。また、回避中に〇ボタンか×ボタンでカウンター攻撃を仕掛けることもできる。
    • まともに殴り合うのが面倒な場合は以下の方法で敵を一掃することもできる。
      入口の黄色い扉を銃撃で開けるとしばらく開いたままになるので入ってすぐ右扉も撃って開ける。開いたままになったら手榴弾などを投げ込んで一掃する。
      あるいは粘着爆弾ロスサントス・カスタムでリモート爆弾を設置したバイクに乗ったまま強引にテキーララに入ってバイクを爆破する。補充ミッション中は個人車両を破壊しても保険料は無料なので、保険料のことを気にして個人車両を爆破するのにためらうことはない。
    • 原材料回収後にデーモンに乗った追手が出現する。原材料を製造拠点に届ければ完了となる。

  • 取引相手と接触するのを待ち伏せしていたプロフェッショナルから原材料を回収する(偽造文書ビジネス限定)
    • 取引相手に会い原材料を受け取るのがミッション開始当初の目的なのだが、取引相手が待ち伏せしていた敵のスナイパーに狙撃されてしまい目的地で待機していた敵と銃撃戦になる。
    • 敵のスナイパーはヘビースナイパーで狙撃してくる。被弾すると大ダメージを免れないのでこちらもスナイパーライフル系の武器を使用して最優先に倒したいところ。
    • 待機している敵は7人で軍用ピストル改良型ライフルブルパップ・ショットガンを装備している。また目的地によってはエアタグに乗ってこちらに近づいてきてマイクロSMGで攻撃してきたり、建物の屋上からマシンガンで攻撃してくる敵もいる。
    • 原材料回収後にフュージティブに乗った追手が1回出現する。原材料を製造拠点に届ければ完了となる。

  • 敵の栽培所を襲撃して原材料を回収する(ハッパビジネス限定)
    • 目的地には敵が10人ほどおりSMGを装備している。
    • 原材料回収後に車に乗った追手が1回出現する。乗員2人ともマイクロSMGでドライブバイを仕掛けてくるが、1回しか出現しないので無視して逃げ切るのもあり。原材料を製造拠点に届ければ完了となる。

  • フリーサ銀行の支店からを襲撃して原材料を回収する(偽造貨幣ビジネス限定)
    • 銀行に入ると手配度星2つが発生し銀行内にいる警備員2人がSMGで攻撃してくる。
    • 銀行前にが駆けつけて来る。原材料を回収するのに時間をかけすぎると包囲されてしまうのでそれまでに離脱したいところ。
    • 警察の追跡を振り切り、原材料を製造拠点に届ければ完了となる。

  • 敵の結晶ラボを襲撃して原材料を回収する(結晶ビジネス限定)
    • 目的地には敵が12人おりピストルを装備しているが、目的地によっては数人がナイフを装備している。こちらに向かってくる敵がいたらすぐに倒そう。
    • 原材料回収後にバイクに乗った追手が2回出現する。原材料を製造拠点に届ければ完了となる。

  • 原材料が載せられたバガーを回収する
    • ミッション開始直後から原材料のアイコンが表示されているためGPSルートが表示されない。必要があれば自分で行き先マーカーを設定しよう。
    • バガーが駐車場などに停めてあるパターンとロストMCのメンバーがバガーに乗って移動しているパターンがある。
    • 原材料を回収したと同時に手配度が発生することもあれば、追手のプロフェッショナルバティー801に乗って出現することもある。また、何も起こらない場合もある。
    • 途中で手配度が発生した場合は警察の追跡を振り切り、原材料を製造拠点に届ければ完了となる。

  • タ-ゲットを威圧して原材料のある場所を聞き出してから回収する
    • まずは目的地にいるターゲットを威圧して原材料のある場所を聞き出す。脅迫のゲージが画面右下に表示されるのでターゲットが死亡しないようゲージが満タンになるまで脅し続ける。
    • ターゲットを威圧するには銃で威嚇射撃をする、ターゲットの周囲を乗り物で高速走行をする、素手または近接武器で攻撃するかのいずれかの手段となる。素早くゲージを満タンにさせたい場合はターゲットを素手または近接武器で攻撃するといい。ただしバイク近接攻撃で攻撃する場合はターゲットが死亡してしまうことがあるので、必ずバイクから降りて攻撃すること。
    • 脅迫のゲージが満タンになったらロング・ジョンがGPSで原材料の位置情報を送ってくれるのでそこへ向かい、原材料が載せられたブリートを回収して製造拠点に届けると完了となる。

    • 競合の従業員を襲撃したギャングから原材料が載せられたブリートを回収する
  • 競合の従業員に原材料を持ってこさせ、設備にも手を入れてもうために従業員を製造拠点まで連れてくるのがミッション開始当初の目的なのだが、目的地へ到着するとギャングに襲撃されて従業員は死亡してしまうため原材料だけ回収して製造拠点へ届けることになる。
    • 敵は4人でピストルソードオフ・ショットガンがそれぞれ1人ずつ、2人がマイクロSMGを装備している。因みに従業員2人はSMGを装備しており、稀に死亡せずに応戦している時がある。
    • 原材料回収後はバイクに乗った追手がピストルで攻撃してくるが、ブリートにはリアウィンドウがパネルで塞がれており後方からの銃撃はほぼ通らないので無視でも問題ない。原材料を製造拠点に届ければ完了となる。

  • 署付近のエリアへ行き原材料が載せられたポリス・バイクを回収する
    • まずは警察署付近のエリア内で手配度を発生させる。原材料を手に入れるまで手配度を維持しているとパトロール隊の隊員が原材料が載せられたポリス・バイクに乗って出現するのでこれを回収する。原材料が出現する前に死亡してしまうとまた手配度を発生させるところからやり直しなので、警察に挟み撃ちにされにくい場所に陣取ったり、装甲車を用意しておくといい。(警察署にポリス・ライオットが出現している場合はそれに乗り込むのもあり)
    • レスターに電話して手配度を消してもらうサービスは利用できないので自力で警察の追跡を振り切る必要がある。原材料を製造拠点付近にまで運ぶと手配度星1つに減少するので、製造拠点に向かいつつ逃走すると良い。

  • プロフェッショナルから原材料が載せられたスピードーを回収する
    • 目的地には原材料載せられたスポードーが配置されており、その周囲には敵が10人ほどいる。敵はカービンライフル特殊カービンポンプ式ショットガンを装備しているので注意。
    • 原材料すると画面右下に原材料のライフゲージが表示され、0になると原材料が破壊されてしまう。
    • 追手のフュージティブが厄介で、がカーチェイス時に使用してくるテクニックを繰り出してくる。後ろから追突されるとハンドルを取られてしまうので、曲がった方向とは逆方向にハンドルを切るなりして上手く制御しよう。
    • あるいは始末するのもありだが、ドライブバイで後方に向けて撃つと後ろに載せている原材料に当たって遮断されてしまうのスピードーから降りて攻撃するといい。原材料を製造拠点に届ければ完了となる。

  • 原材料を運んでいるストッケードを探し出して回収する
    • ロスサントスを走行中または停車中のストッケード4台の位置がレーダーに表示される。
    • 粘着爆弾または銃撃でストッケードの後部ドアを破壊し、原材料を運んでいるか確かめる。原材料を載せてあるストッケードを見つけたら回収して製造拠点に届ける。
    • また、カービンライフルを装備した警備員が2人いるので、後部ドアを破壊する前に倒しておくといい。その際に近接攻撃で一撃で倒すと何故か反撃してこない上、手配度も発生しない。
    • 製造拠点のある方角へ向かって走行しているのであればともかく、高速道路やロスサントス郊外を走行中のストッケードがブレイン郡の方まで行ってしまわないよう最優先で向かおう。
    • 小技として後部ドアのパネルから原材料が載せてあるか覗いて原材料を載せてあるストッケードを発見したら、敢えて後部ドアを破壊せずにストッケードを製造拠点まで持ち帰ってからドアを破壊することで広域シグナルの発信を防ぐことができる。
    • 途中で手配度が発生した場合は警察の追跡を振り切り、原材料を製造拠点に届ければ完了となる。

  • 研究員から原材料が載せられたボックスヴィルを回収する(白粉ビジネス限定)
    • 目的地には貨物列車が線路から脱線しており、ヒューメイン研究所の研究員が調査をしている。その近くに停めてあるボックスヴィルを回収する。
    • 研究員は発射速度の高いAPピストル改良型ライフルを装備している上、(ミッションの難易度が高い白粉ビジネスのため)精度もかなり高いので迂闊に近づくと瞬殺される。地形的に敵が一望しにくい場所が多いので苦戦を強いられる。
    • 原材料回収後は製造拠点に届けると完了となる。追手は出現しない。


アップグレード購入

製造拠点はアップグレードが可能で、人員や設備などをアップグレードする事で、効率を上げる事が出来る。人員は在庫が貯まる時間の短縮、設備は売却額が大きく上がる。人員と設備の両方をアップグレードすれば更に売却額が増加する。
アップグレード費用が決して安くないので、まずは人員、余裕ができたら設備と投資するのが良い。
防犯に関しては自分で対応できるので後回しでも問題ない。
また、製造拠点の維持費(人件費等)がゲーム内時間で1日ごとに引かれる、これが結構バカに出来ない額(結晶・白粉の2つをフル稼働で毎日$14,000ほど)なので、使わなくなった拠点は、操業停止にしておくと良い。

CEO同様、多額の初期投資が必要だが、軌道に乗れば大きな収入源となるので、金回りは確実によくなる。

偽造文書 ハッパ 偽造貨幣 結晶 白粉
物件価格 $650,000~ $710,000~ $845,000~ $910,000~ $975,000~
設備アップグレード $550,000 $990,000 $880,000 $1,100,000 $935,000
人員アップグレード $195,000 $273,000 $273,000 $331,500 $390,000
防犯設備アップグレード $285,000 $313,500 $456,000 $513,000 $570,000
近場売却額(UGなし) $60,000 $120,000 $140,000 $170,000 $200,000
  〃  (片方UG) $72,000 $144,000 $168,000 $204,000 $240,000
  〃  (両方UG) $84,000 $168,000 $210,000 $238,000 $280,000
遠方売却額(UGなし) $90,000 $180,000 $210,000 $255,000 $300,000
  〃  (片方UG) $108,000 $216,000 $252,000 $300,000 $360,000
  〃  (両方UG) $126,000 $252,000 $294,000 $357,000 $420,000
※近場売却額は製造拠点がある地域での売却額、遠方売却額は製造拠点から離れた地域での売却額
※売却額は全て在庫が最大容量時
※UG→アップグレード、設備アップグレードか人員アップグレードのどちらかだけを購入した状態が片方UGで両方UGは両方のアップグレードを購入した状態

バイカートレード

在庫が貯まったら、いよいよ売りに行く。配達手段にもよるが、基本的に在庫が多いほど内容が面倒になりやすい。公開セッションでしか開始できず、製品が積まれた乗り物に乗ると広域シグナルが発信され、位置情報がセッション内の全てのプレイヤーに表示される。その為、他のプレーヤーには要注意。ドライブバイもできない航空機では特にソロで狙われたら完全にアウト。できれば配達台数+護衛のMCメンバーを揃えて一気に配達してしまうのが理想。ソロなら最低でもセッションの様子はきちんと把握して始めた方が良い。
また、売却中にセッション移動や回線落ちなどでセッションから退出してしまうと、ミッションを放棄したとみなされる。その場合、殆どの商品は拠点に戻されるが、ペナルティとして在庫が少し無くなる。
ただ、これを利用すれば妨害されても全損失を免れる事が出来る。基本的にプレーヤーからの妨害を逃げ切るのは殆ど無理なので、妨害が来たと分かった時点でセッションを移動してしまえば損失を最小に抑えられる。
また、複数台の配達を台数未満の人数でやろうとする場合は、無防備な状態で商品が積まれた乗り物を放置することになる。運んでるプレーヤーを襲うのではなく、これを破壊してくるプレーヤーも少なくない。特に、1台でも配達を終えて次の乗り物を取りに行くタイミングでこれをやられると、配達がそこで終了してしまい、破壊された分が完全に損失になってしまう。

売却手段が幾つかあり、いずれも制限時間が30分になっていて、手段はランダムで選ばれる。大量に貯めても殆どの場合ソロでどうにでもなるパターンが多く難易度も低いが、反面選ばれる乗り物がどれも快適とは言い難いものばかりなので時間がかかる場合が多い。

ランダムで選ばれる売却ミッションのパターンは以下のとおり。

  • トラック(1~3台)
    • 製品が積んであるトラッシュマスター(ゴミ収集車)に乗り、1台につき5ヵ所のチェックポイントを巡り配達する。ソロでも3台分配達することは可能だが、製造拠点の場所次第では3台目は余す可能性もある、できるだけ無駄なくスムーズに配達したい。

  • バイク(1~4台)
    • 唯一バイカーと呼べる手段。製品が積んであるバガーに乗って目的地まで届ける。内容が2種類あり、一つは所定の場所に止めてあるトラックにバイクごと載せるだけで良い。もう一つも基本的には同じだが、最初のチェックポイントに覆面捜査官が大量に潜んでるものがある。マーカーに入ってしばらく経つか、近くでこちらが発砲などすると大量の捜査官が一斉に攻撃して来る。ここで殺されてしまうと、死んだ場所にバイクを取りに行こうにも捜査官が攻撃してくる上、反撃すれば高レベルの手配が付くのでバイクを回収するだけで一苦労する。ここでモタついてると制限時間が無くなってしまうので対処を間違えない様にしたい。チェックポイントにトラックが無い場合は覆面捜査官の襲撃なので、スナックをいつでも使える様に構えておき、回復しながら強引に脱出するか、あるいわマーカーから少し離れた場所で発砲しても襲撃フラグが立つので、その方が安全に逃げられる。事前に判断しておきたいなら、一般車に攻撃を加えてみると良い。通常なら売却中は何をしても手配されないが、襲撃パターンの時は手配が付く。
      また覆面捜査官は警察とは別枠の敵対NPCなので、手配を消しても攻撃してくる上、襲撃地点から逃げた後もしつこく追いかけて来る事がある。バイク相手にラムアタックしてくる凶悪ぶりな上、前述の通り反撃すれば高レベルの手配が付く厄介者なので、追手が来てる場合はレスターに電話する前に掃除しておきたい。いずれにしろ、4台でもソロで売却は可能。

  • バン(1~3台)
    • 製品が積んであるボックスヴィルに乗り、1台につき5ヵ所配達。郵便局員になりすまして行って来いと言われるが、はっきり言ってこれは売却ミッションの中ではダントツでハズレの内容。3台ならソロの場合は放棄推奨。1台以上丸ごと余らせてしまうくらいなら、放棄して仕切りなおした方が良い。ボックスヴィルはとにかく性能が低く、ちょっとした坂すらまともに上がっていけない上に、チェックポイントで一々車から降りなければならない。しかも移動距離が長いので非常に効率が悪い。ソロでは2台分捌くのが関の山。2人以上なら、先に配達が終わった方が、インサージェント等のパワーの強い車で押してやると多少時短にはなる。

  • 飛行機(1~3機)
    • 水上飛行機での配達となるが、警察に目をつけられたくないからと、低空飛行を命じられる。1機で5ヵ所を廻り配達するのだが、低空飛行とはいえ障害物にぶつかる様な場所は殆ど飛ばないので単調な上にサンアンドレアスの南北いずれかを半周する事になるので時間もかかる。チェックポイントを飛ばして戻るようなミスをしなければソロでも3機分配達可能。海上を飛ぶことが多く、配達中にプレーヤーのクルーザーを見かける事があるが、これには要注意。迂闊に近づくとオーナーにその気がなくてもきちんと攻撃対象を設定してくれていないと撃ち落とされる。

  • バンorトラック(1台)
    • 在庫の量に応じて乗り物は変わるが、1台を所定の場所に持って行くだけで良い。上のボックスヴィルが大ハズレなのに対し、大量の在庫を捌く時にこれが選択されれば当たりと言える。ただし、配達車両が1台ゆえにそれを破壊されると一切収入を得られないというリスクはある。途中で追っ手が来るが、バイクが2台ずつ来るのみで、ハンドガンでペチペチと撃ってくるだけなのであまり問題にはならない。いずれの乗り物でも荷台や積荷が邪魔でドライブバイに難がある車両なのでイチイチ処理してると余計な事故を招きやすい。

  • ヘリコプター(1~3機)
    • 乗り慣れてるプレーヤーも多いであろうバザード(非武装)での配達。低空飛行縛りは無く、投下地点もドードーの様にサンアンドレアスを半周する様な配置ではないので遥かに効率も良い。途中で放置でもしてない限り3機でもソロで配達可能。ドードーと同じく、プレーヤーのクルーザーには要注意。

  • ボート(1~3台)
    • 水上のチェックポイントを1台につき5ヵ所回る。時間的には1台数分で配達できるので、ソロでも3台配達可能。唯一速達ボーナスがあり、チェックポイントを時間内に通過していけば少額ながら追加報酬が貰える。特に難コースと言うわけでもなく、追っ手が来るわけでもない。難点と言えば何もない海の上を延々と走るのが暇な事くらいか。

  • バッグ
    • バッグを背負った状態で始まり、乗り物は何を使っても良い。2人以上で売却ミッションを始めた時にしか選ばれない模様。目的地までレースしろと言われる事もあるが、しなくても別に良い。数か所に配達する場合と、一か所に行くだけですぐに終わるものもある。また、乗り物がバイク限定のものもある。自分の乗り物で配達できるので当たりと言える。

バイカーディフェンス

こちらの都合など一切お構いなしにロング・ジョンから着信があり発生する。フラグが立った時点で強制的にミッション開始なので、買い物などをしてても店を締め出される。内容的には似たり寄ったりだが、放置したり失敗するとそれまでストックした在庫や原材料が全てなくなり操業停止状態になってしまう。
以下のイベントが時と場所を選ばず発生するが、拠点によって起こるものがほぼ決まっている。
  • ガサ入れ
    • 拠点が捜査官や警官に包囲されるのでそれらを蹴散らす。さらにスタッフが逮捕されて護送されてるので、その車両を強奪して拠点に連れ帰る。警察ヘリが一機上空でホバリングしているので、地上部隊に気付かれる前に範囲外から撃ち落としておくと後が楽になる。途中で死ぬとその時点で失敗になるので慎重に動こう。
      また、このイベントは プレーヤーがその拠点内に居る時にも発生する事がある。 こうなると非常に厄介で、建物から出た時点ですでに警察が居るため、何もできずに殺されてしまう場合がある。読み込みの遅延なのかロングジョンからの連絡も遅く、電話が来るころにはもう銃撃されてるので話にならず、外に出てからじゃないと異変に気づかないので質が悪い。とにかく、外に出たときにヘリの音が聞こえたりNPCが立ってる様なら、ひとまず猛ダッシュで応戦できそうな場所に逃げるしかない。

  • 密告
    • 密告者を処理し、証拠品を持ち帰る。イベント発生時に密告者にマーカーがつくが、その付近に警察がわんさか居るので迂闊に飛び込むと悲惨な事になる。ガサ入れ同様、証拠品を回収する前に一度でも死んでしまうと防衛失敗となる。
  • 横流し
    • 持ち出された商品を取り返す。内容こそ一番単純だが、これは防衛と言うよりも嫌がらせに近い。目的地の近場で発生すれば殆ど痛手にはならないが、遠くに居るとかなりツラい。とにかくこれが起きたらすぐに目的地に行かないと、向かってる間にも商品がどんどん売られてしまい、無くなった分はクリアしても回収にならない。発生時に画面右下に商品の残量ゲージが表示され、全て売られてしまうと防衛失敗となる。白粉に次いで高額で捌ける結晶の拠点でよく起こる。このイベントが頻繁に発生する拠点は、防犯設備のアップグレードを考えた方が良いかもしれない。

  ※なお、防犯設備をアップグレードしても防衛ミッションの発生率が下がるだけで一切起こらなくなる訳ではない。

  • 材料の補充、在庫の売却を開始する時にだけMCを設立し、それらが終わったらすぐさまMCを解散させる。防衛ミッションはMCを設立中にのみ起きるのでこれだけで発生率は抑えられる。
    ただし、これをやっていても2つ以上の拠点を運営している場合は売却ミッション直後など、すぐに解散できない避け様のないタイミングに無理やりねじ込んでくる。特に売却後に横流し発生は最悪のパターン。ある程度やってると、防衛ミッションの発生タイミングが漠然と分かってくるので、完全に被害を避けたいなら、意図的にプレジデントのまま放置してイベントを発生させておくなど、少々工夫が必要。