オニール兄弟(O'Neil Brothers)



概要

グレイプシードに実家を兼ねた麻薬製造施設を持ち、麻薬の密造を行っている組織。
所謂プアホワイト(白人貧困層)系の犯罪組織であり、ブレイン群には他にも同じような組織は幾つかあるがオニール兄弟はそれらの元締め的な存在である。

実態は、長男エルウッドを筆頭に血のつながった弟達を幹部クラスとしたギャング組織のような成り立ちであり、トレバー曰く「兄弟愛が強すぎて、引き離すには手術が必要」。
マラブンタ・グランデ、バリオス・ロス・アステカスと並びブレイン群に於けるトレバーの商売敵。オンラインでは強盗ミッションでトレバー率いるオンラインプレイヤー達に施設を襲撃され、麻薬の原料を強奪される。
オフラインでは、顧客を横取りされ激昂したトレバーが今度は自ら単身で襲撃する。その結果施設は全焼。兄弟の多くが殺されてしまう。その後は辛うじて難を逃れていたエルウッドを始めとした残りの兄弟達で復讐を試みるも、トレバー、マイケル、フランクリン、そしてチョップの連携プレイの前にあっさり敗れ組織は壊滅した。

メンバー

エルウッド・オニール(長男)
アーニー
アール
ウォルトン
ウィン
デイル
ドイル
ダリル
ダン

このうち、エルウッド、ウォルトン、ウィンはトレバーが麻薬工場を襲撃した際にその場を離れていたため生き延びる。
なお、トレバーが語った兄弟の「ダルトン」という人物は実際には存在せず、勘違いである。

所有車両