守り手 "Defender"


メリーウェザーは好きなように人を殺す。命を自由にした、究極の規制緩和だ。俺の仲間がヤツらに標的にされている。彼はこのイカれた話から自分を守る法律がある、メキシコに戻らないといけない。空港で彼を拾って、砂漠の飛行場まで連れて行ってくれ。そこに飛行機が待っている。必要ならガレージにあるものを使ってくれ。


概要

  • マーティンの友人を飛行場まで護衛する

詳細

差出人 解除ランク プレイヤー人数 チームのライフ数
マーティン 70 1~2人 1
制限時間 失敗の条件
無し 全滅・友人死亡
時刻 時間帯設定 手配度発生 天候設定
21:00固定 不可 無し 不可

ミッション攻略


1.ヘリコプターに乗れ
  • 用意されている2機のバザードに乗り込む。ソロの場合はどちらを使ってもよい。
2. 空港でマドラッゾの友人に会え
3. マドラッゾの友人飛行場まで送れ
  • 友人はマベリックに乗って待っており、接近すると目的地へ向けて飛び始める。向かう先はサンディ海岸飛行場。
  • 道中、追っ手のヘリや地上からの追撃がある。敵のヘリは空港の東と西から1機ずつ、北から2機、山を越えたあたりで1機と合計5機出てくる。
  • 敵のヘリはこちらが射程距離に入っていかない限り、友人の追跡を優先して単純な直線飛行を続ける。そのため、友人を先行させて自身は少し後ろをついていき、友人を追う敵ヘリを後方からミサイルで攻撃すれば簡単に撃墜できる。解除ランクの割にはきわめて楽なミッションであり、報酬も多い。
    • ただし、たまに敵ヘリが護衛対象にぶつかる程接近する事がある為、考え無しに撃つと巻き込んでしまう点にだけは気を付けよう。
  • 「敵フロガー、俺バザード。楽勝〜」と舐めてかかると痛い目を見る。不用意に接近すると敵ヘリはこちらに銃撃を浴びせてくるので簡単に死ねる。「敵のエイムは鬼エイム」の法則を思い知ることになる。
  • もしも死んでしまったら、当たり前だがバザード無しの状態で復活する。敵も護衛対象もはるか空の上。見送るしかない。自前のバザードがあったとしても、とても間に合わない。(いるならば)相方の健闘と、友人の運に期待しよう。
  • ヘリの他、VINEWOODサイン上のアンテナ施設にはロケットランチャーを持った敵兵が二人居る。ただ、攻撃してくることはあまりないため影が薄い。
  • 難易度あるいはプレイヤーのランクが影響して、敵のヘリが2機編隊だったり、バインウッドの山の向こう側にも敵のヘリが出るときがある。
    • 強盗アップデート後は友人のヘリのスピードが調整され、敵がこちらとぶつかりやすくなった。また、山の向こうにも必ず敵ヘリが出現するようになった。
    • 同時に、初期配置のバザードが街中に出現して車になぎ倒されてしまったり、空港に行くと友人がおらず、見当外れの場所から飛び始め、救援が間に合わずに落とされてしまうなどのバグも発生している。
  • サンディ海岸飛行場には逃走用と思しきシャマールが待機している。破壊してもミッションに支障はない。

動画