※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

パッシブスキル一覧

  • パッシブスキルは基本的に一人一つまで持つことができます
  • 評価点数の端数は切り上げ



カテゴリー①:[Making]

キャラクター作成の幅を広げる

普通[normal] 【評価点数+0】

  • パッシブスキルを持ちません
  • 特にパッシブスキルを選ばない場合などにも、自動的にこちらが選択されます
  • 強すぎる能力の場合、パッシブスキルを持つ場合と同様に調整される場合があります

偽装[disguise] 【評価点数+α】

  • 注意)評価型のキャラクターでシークレットを作成する場合、自動的に適用されます
    • 嘘能力も作成可能です
    • 偽装は評価点数込みで点数を出します
  • カテゴリー②の中から一つを選んで、パッシブスキルを追加取得できます

転校生[Deus ex machina]



カテゴリー②:[Expand]

ユニットの性能を拡張する

強化系

向上[progress] 【評価点数+250】
  • 累積点数が評価点数に満たない場合、スタメンおよび増援になれません
  • ステータス合計が35になります
戦闘狂[berserk] 【評価点数+50】
  • 体力1でも瀕死状態になりません
  • 精神力が0でも続投不能となりません

移動系

飛躍[leap] 【評価点数×3】
  • ステータス合計20
  • 斜め移動できるようになります
    • ただし、斜めに移動する際、その進行方向と直交する直近の2マスのうち、どちらか一方にでもZoCがある場合には、斜め移動できません
+移動可能範囲の例
例1
_ _ _ _ _ _
_ _ _ _ _ _ _
_ _ _ _ _
_ _ _ _ _ _ _
_ _ _ _ _ _
例2
_ _ _ _ _ _
_ _ _ _ _ _ _
_ _ _ _ _
_ _ _ _ _ _
_ _ _ _ _ _
例3
_ _ _ _ _ _
_ _ _ _ _ _ _
_ _ _ _
_ _ _ _ _ _
_ _ _ _ _ _


高速移動[rapidly] 【評価点数×3】
  • ステータス合計20
  • 移動力が3になります
無視[disregard] 【評価点数+0】
  • ステータス合計25
  • ZoCを無視することができます

攻撃系

武芸[military arts] 【評価点数+150】
  • 1回の動作で行われる通常攻撃の回数を2倍にします(2回通常攻撃、などの能力を作った場合、このスキルを持っているキャラクターは×2で4回通常攻撃になる。)
    • 特殊能力による通常攻撃にも適用されます
    • 注意)武芸による通常攻撃は対象1体につき必ず2回ずつ行われます
      • 単体を対象とする場合、必ず同一の対象に2回ずつ通常攻撃を行う
      • 2体以上を対象にとれる場合、個々の対象に2回ずつ通常攻撃を行う
慧眼[insight] 【評価点数+150】
  • 必中&必殺
    • 通常攻撃が必ず命中します(命中判定は行う)
    • 通常攻撃における命中判定のダイス目が攻撃キャラクターの攻撃力以下だった場合、相手は体力や防御力に関わらず死亡します
    • 特殊能力による通常攻撃にも適用されます
猟奇殺人[bizarre murder] 【評価点数+100】
  • 相手を殺す際、殺し方がより凄惨になります
    • このユニットに殺された場合、精神減少が「-2」になります
      • 特殊能力にも適用されます
    • 「効果付属:超凄惨な死」を「効果付属:凄惨な死」と同じ値で、設定することができます
      • 超凄惨な死:能力の処理中に敵キャラクターを死亡させた場合、敵陣営の精神減少が「-3」になります
      • 猟奇殺人無しで「超凄惨な死」をつけたい場合は、「超凄惨な死」自体はガイドライン外の効果付属なので、精神削りとカウンターを用いて再現してください

特殊系

精鋭[elite] 【評価点数+β】
  • 能力の交渉ができなくなります(投稿した初期案がそのまま採用されます)
  • 特殊能力を2つ持つことができます
    • このキャラクターの特殊能力を習得する場合、習得者はどちらか一方を選択してください(コピー即発動や発動率上昇、特殊能力強制試行についても同様にどちらか一方を選択してください)
    • 特殊能力封印状態では能力①、能力②ともに発動不可となります
  • 最終評価点数=能力①の評価点数+能力②の評価点数±α
    • 一人コンボできるような場合などは、GK判断で評価点数が加算される場合があります
    • 偽装と組み合わせてシークレット化する場合、シークレット化する能力数と組み合わせによっては、評価点数が大幅に加算される場合があります