AOAについて

このページはメインプレイになる?かもしれないAOAに関する考察です。
自分で戦略をお持ちの方や、お気に入りの編成がある等で参考にならない方もおられると思います。
もちろんそれは大切な事ですので読み飛ばして頂いて構いません。
初歩的な事はかなり省きますのでご了承下さい。


◆とはいえ確認しておくべきこと

 傭兵選択画面で時間切れまで放置した際に自動で傭兵が決定されますが、
 この自動決定は編成前の使用禁止傭兵選択で禁止された傭兵も含めて選ばれます。


現バージョンでは基本的に壁役の前衛が少なめで、魔法威力が攻撃/回復共にやや弱く、弓の高火力が目を引きます。
今後来るだろう、現在の日本鯖のバージョンはどちらかといえば魔法ぶっぱが強くなっています。
ただ弓の高火力は相変わらずで全体的にバランスの取れた感じになっています。
(ただそのバランスが全体的に高威力側に振られているため、下位~中位まではやったもの勝ちになりがちですが)




mtrueサーバーの特徴としては以下のような感じです。

 ・AOAポイント交換褒章がおいしいため、BOTが大量にいること
 ・低レートにBOTも含めあまり人がいないため、初期マッチングには苦労する
 ・高レートになればなるほど手動対人は楽ヒが増えていく

(追記)
   ドネに刻印石が追加されてからBOTも含め参加者が激減しました。
  特に高レート(1800以上)がマッチングしづらくなり、5分待ちとかざらです。
  とはいえ多いときには4試合ほどやってる時があります。



◆何故高レートになると楽ヒが増えるのか

 1)加護傭兵が3人しかいない(このバージョンの杖ヒは加護が使えるので+1人)
 2)クールが2の回転の早い防御+魔法防御DOT全体魔法である破滅音
 3)バンパイア所持のため自身を回復する手間が省ける(≒ヒーラーが不要)
 4)破滅音等で防御系の下がっている傭兵への殴りがバンパイア込みのためかなり高火力
 5)DOTや封印などを消せる回復ついでの浄化の念
 6)横1列を自由に操作させない狂気の旋律
 7)レクイエムはそっと添えて


何故人気なのかというと



1)で加護傭兵を減らした状態でスキルぶっぱゲー


が得意だったりするおかげです。
ので(楽ヒメインの)上位陣になるとぶっぱ向きの傭兵の取り合いになります。

よってここではmtrueでよりよくAOAをやるための


対楽ヒの考察


をまずやっていきます。





+ ◆対楽ヒについての考察

+ ◆対楽ヒに対する編成

上にまとめたのは「ぶっぱ楽ヒ」の対策であり、R1700ほどからちらほら見え始めR1900からほぼ全てがガチ手動になる
ぶっぱでない楽ヒにはあまり通用しません。
R1900以上は「ガチ手動楽ヒ編成にどのように勝つか」を思考の95%に割いて、残り5%を「弓ヒ」に割く。
それくらいガチ手動楽ヒが多く、ほとんどの編成で対応しきれない。


正直、 バンパイアがあるのがその地位を強烈に固めている。
回転の速く、行動阻害ができ、回復もできるスキルを持っているのに
殴ればたちまち4000以上のダメージを与えつつHPを回復できるるので
遠距離・杖ヒの弱点である「直ヒ」が全く効かない。
このAOAバージョンでは1強といって過言ではない。

…というかAOA中に右下のスキルアイコンにカーソルを合わせてみれば分かるが、
バンパイアが 本家カーミラの威力の5倍くらいになってる のが主な原因である。

5倍どころじゃなかった。強化しすぎだろと。

殴る相手にもよるが、殴りダメージが大体ダメージが1600程度なので
+22.5%を仮に実ダメージ(実際は攻撃力の+22,5%)で計算してみると
バンパイアでの回復は「2,180+(1,600*0.225)=2,540」 となり
受けるダメージはこれに1600が乗るので 4,140 となる。
クリティカルや魔法防御やバンパイアの発動が2列なのでダメージは更に加速する事を考えると
下手な前衛よりも火力があり、下手な回復魔法より回復する。

ちなみにその後のバージョン(日本とか)では末裔ヒのスキルが入った際に
バンパイアと浄化の念 → ダカーポとディミヌエントに変更されたので
楽ヒは見る影もなくなりました。


+ ◆ガチ楽ヒを本気で考えてみる
(編集中)

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
添付ファイル