アイデンティティ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ここは我が家のアイデンティティについて考えます。

⇒サポータの順位を変更。

★紋章について考える
  • 大紋章について考えます。
    • まず紋章の図案ですが、私と配偶者の両家の象徴を表す予定なので、クォータリングです。配偶者の家を尊重して、左上・右下については、配偶者(ベースは赤。三本の矢を握る手は銀)を象徴したもの、左下・右上については私(の実家)(ベースは緑。縦を四分割し下四分の一から、中心にむかって山形は金)を象徴したものとします。
    • 兜は郷士。クレストは柏(私の実家の家紋)
    • サポータとしては、二人の星座として、右側に配偶者の星座(獅子)左側に私の星座(射手)を配置します。
    • 補助のサポータとして、二人の干支を用います。右側に配偶者の干支(卯)左側に私の干支(未)をサポータの下に配置します。
    • 背後にはペンと剣による十字。これは文武両道を表す。
    • モットーは「Cogito ergo sum」ラテン語で「我思う、ゆえに我あり」