ノーベル賞


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ノーベル賞を考える。
★1901年
  • 物理学賞:ヴィルヘルム・レントゲン⇒後に彼に因んで命名される注目すべき放射線の発見
  • 化学賞:ヤコブス・ヘンリクス・ファント・ホッフ⇒科学熱力学の法則、溶液の浸透圧の発見
  • 医学生理学賞:エミール・アドルフ・フォン・ベリング⇒血清療法の研究、特にジフテリアに対する後に彼に因んで命名される[2]注目すべき放射線の発見
  • 文学賞:シュリ・プリュドム(フランス)
  • 平和賞:アンリ・デュナン(スイス)、フレデリック・パシー(フランス)