戦争全般


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

戦争について考えます。

戦争は悲劇である。傷つき死に行くのは戦士であり、地域住民は土地を蹂躙され、市民は税金を搾取される。
遥か昔の闘いは、国家の指導者が戦闘にたって戦うものであった。
現代の戦争はどうか? 指導者は戦地から離れた安全な土地で、戦争を指導する。
破れる側の指導者は亡命するか、捕まるか、あるいは殺されるのである。

戦争で最も難しいものとは何か?
それは戦争を終わらせることである。
戦争は政治の延長上であり、戦争の本当の終わりというのは簡単には見えない。
第二次世界大戦は日本においては、いまだに終わっているとは言えない状態なのである。※1

★兵器について考える
兵器について考えることは私にとって楽しいことである。
時間のある時につくられた、理想を求めた兵器
戦時に戦場が要求する内容に即してつくられた、戦場が求めた兵器
量産することを前提にした、限界まで贅肉を落とした兵器
革新的なことを目指した、アイデアどまりの兵器
真に革新的で、戦争を変えた兵器
兵器を考えることは、技術革新を考えることにも繋がる。
兵器の歴史は戦争の歴史でありそれは人間の歴史である。そして、科学技術の歴史でもある。



※1…平和条約締結が戦争の終結と考えた場合。