ガスレンジの廃熱利用について


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

これは前から考えているのだが、ガスレンジを使っていると、燃焼によって生まれた熱の多くが利用されずに捨てられているのではないかと思っている。小さなポットでお湯を沸かしていると、炎の熱を効率的に利用したとしても、ポットの周囲から上昇する熱せられた空気等は換気扇から外部に放棄されるだけである。

これを上手に利用できないか?

炎を効率的に使うために五徳があるように、この熱を利用するためのものが出来たら、また一つのエネルギーの節約が出来るような気がするのだが・・・。加熱もしくは乾燥。いま考えているのは、魚系の残り(みんな食べ方が上手じゃないので、身がたくさんついたまま)を、皮だけはずして、骨ごといれて(まずはアルミホイルで考えている)乾燥させ、そのあとをフードプロセッサーで砕いて自家製のふりかけの具に利用出来ないかと、構想中。