裏プロフィール


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

市原雄亮

この記事には、嘘を嘘と見抜ける人だけが……という情報が羅列されています。
虚実入り混じりすぎている為、全てを鵜呑みにするにはあまりに危険性が高い内容です。
自信の無い方はそっとブラウザを閉じるなり戻るボタンを押した方がよいと思われますよ。さもなければ読んだ後で怒ったりしてはなりません。

市原 雄亮(Erika Saionji, 1996年7月27日[生年は可変] - ) は日本の指揮者。ゲームやインターネット等、サブカルチャーに造詣が深く、専門分野をクラシックに限らないその活動方針から、21世紀を担っていくマエストロの一人であるとの呼び声は特に無い。恐らくメジャー市場以外でクラシックCDをリリースしている数少ない指揮者であり、またYahoo!ニュースのトップのその名前が報じられた数少ない指揮者であろうと思われているが、その真偽のほどは不明。

出生

1996年に新潟県上越市にて生まれる。雪深い地域で育ったせいか、今でも誰よりも長期間にわたり半袖を着用し、季節感が無いと失笑される場面がしばしば目撃されている。

指揮以外の活動

宴会での活動が活発に報告されており、主戦場の模様。また、Facebook、Twitter、Google+、mixiなどにアカウントを持ち、どうでもよい情報の発信に日々努めている。2011年より芸能事務所に名前を置いていたりする。このように、到底指揮者とは思えない軸のブレた一貫性の無い活動を行い、各所より顰蹙をかっている。しかし本人は「やりたいと思ったらなんでもやる」と態度を硬化させており、話し合いは平行線を辿るばかりである。

レパートリー

これまでに振った曲目はレパートリーをご覧ください。

主な録音

  • 交響曲第7番「未完成」/シューベルト2007年録音・発売
  • ハンガリー舞曲第1,5番/ブラームス2007年録音・発売
上記はインディーズ市場での発売であり、現在は絶版だと思われる。

ゲームとの関わり

これまでにプレイしたゲームの一覧は、ゲームの項目をご覧ください。
彼は家庭用ゲームの成長とともに歳を重ねてきたと言っても過言ではなく、ゲームとは切っても切れない関係にある。「恐らく老齢になってもゲームをやっているだろう」と彼は述べている。また「ゲームは手先を使う。ボケ防止には手先を使う作業が適しているという。だから今後増えていくゲーム世代の老人はボケないのではないか。素晴らしいことだ」との見解を示しているがまともに取り合ってくれる人がいないようだ。彼にとってのベストゲームはSS「街」とSFC「MOTHER2」が競り合っており、結論を見ていない。あまり有名どころではないタイトルとしてはGB「DT Lords of Genomes」を好んでいる。続編が出ることを願ってやまないという。遠藤さん続編お願いします。以下に現在所持しているゲーム機を列挙する。

所持しているゲーム機

  • ゲーム&ウォッチ
  • ファミリーコンピュータ
  • カセットビジョンJr.
  • ファミコンディスクシステム
  • ゲームボーイ
  • スーパーファミコン
  • NEWファミコン
  • セガサターン
  • プレイステーション
  • バーチャルボーイ
  • NINTENDO 64
  • ゲームボーイポケット
  • ゲームボーイライト
  • ゲームボーイカラー
  • スーパーファミコンJr.
  • ドリームキャスト
  • 64DD
  • PlayStation 2
  • ゲームボーイアドバンス
  • NINTENDOゲームキューブ
  • ゲームボーイアドバンスSP
  • ニンテンドーDS
  • PSP
  • PlayStation 3
  • Wii
  • NINTENDO 3DS

好物

カレー、生牡蠣、焼き牡蠣、カキフライ、枝豆、豆類、ビールなどを好む。これらを口実に誘い出せば容易に誘拐が可能という噂もある。特にカレーについては、ルーと水を使用せず、十種類以上のスパイスの配合のみで自作をするという証言がある。

数々の称号

「世界一カレーが好きな指揮者」、「世界一生牡蠣が好きな指揮者」、「世界一短時間で生牡蠣を多く食べられる指揮者」を自称し、2011年4月2日より「世界一早くFC『グーニーズ』をクリアできる指揮者」も自称しだした。彼の世界一に対する挑戦はとどまるところを知らない。

[この項は完成していません。加筆修正してくれる方を求めてはいません]